連載 合格する子どもの伸ばし方

「のんびりタイプ」の子がぐんと伸びる言葉がけ|本物の力を育てる「合格する子どもの伸ばし方」 (2ページ目)

専門家・プロ
2019年10月10日 松本亘正

「それで、どうなったの?」(子どもが話しきるまで、ゆっくり待つ)

まず子どもに話をさせ、子どもが説明し終わるまで根気強く待ちます。のんびりタイプは、自分を表現することが得意でないことが多いので、親がじっくり耳を傾けると、自分で説明すること、表現することの練習になります。

「△□がよくできるじゃない」

子どもがのんびりしていると、つい親は「早く歯磨きしなさい」「まだ宿題が終わってないの?」と否定的な言葉を言ってしまうもの。でも、じつは言われた分だけ子どもの自己肯定感は失われていきます。

日常で「これができるようになったんだ」というところを見つけたら、その感動を素直に伝えてあげてください。マイペースな性格のため、まわりと比較しても、とくに効果はありません。

×
(子どもの話を途中でさえぎって)「つまり、それってこういうことでしょ?」

先回りして代弁したり、何かをしてあげたりすることは、子どもの可能性の芽を摘むことになってしまうのでNGです。代弁しないで、子どもが答えるのを待ちましょう。

×
「どうしてあなたはそんなにできないの?」

頭の回転が速い親御さんが言いがちな言葉です。子どもに親自身の基準を当てはめると、親もイライラするうえ、子どもも伸びなくなるので要注意。親自身の子ども時代と比べて差があっても、「違う方法なら伸びていくはず!」と思って接したほうがいいでしょう。

「のんびりタイプ」の子には、できたことをほめる言葉がけを

「のんびりタイプ」には、できたことをほめる言葉がけが大切です。マイペースなため、まわりの子と比較しても効果がうすいので、その子の成長だけに目を向けてあげてください。また、説明するのが苦手で時間がかかってしまうタイプですが、話し終わるまで耳を傾けてあげましょう。

「のんびりタイプ」の子へのケース別の言葉のかけ方を、以下の記事で紹介しています。

イラスト hashigo(silas consulting)


これまでの記事一覧

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者
松本亘正 専門家・プロ

まつもとひろまさ|中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表|ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校。現在は東中野・自由が丘・日吉・芝浦港南など、6校を展開している。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超える。これまでののべ指導人数は2200名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の第一志望校合格率を誇る。中学受験だけでなく、高・大受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。