中学受験ノウハウ 連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

今一度考えたい受験校選びの重要性と、一貫校で過ごす6年の価値|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2021年2月17日 石渡真由美

2021年の中学入試も終わり、受験生は進学先が決まってホッと一息ついている頃でしょう。中学受験で第一志望校に進学できる子は、全体の2~3割程といわれます。第一志望校から合格を得られなかった場合は、第二志望以降の学校へ進むことになります。

「偏差値の高い学校がいい学校」とは限らない

では第一志望校に通えなかった子は「中学受験に失敗した」のでしょうか? いえ、そんなことはありません。きちんと納得して受験校を選択できていれば、たとえ第二、第三、第四志望の学校だとしても「いい学校に決まって良かったね」と考えるべきです。

なかには親の見栄やプライドで上位校しか受けさせない家庭があります。そうした家庭では「偏差値が高い学校がすなわちいい学校」と思い込み、それ以外の学校に受験する意味はないと、強気な受験をしたりします。偏差値に囚われすぎている家庭はまだまだあるのです。

わずか12歳の子どもが挑む中学受験です。最後の最後まで何が起こるかわかりません。塾や模試で「合格可能性が高い」とされていた学校が、まさかの不合格になることもよくあることです。

特に最上位校と呼ばれる学校は受験機会が1回しかないので、そのたった1回に3年間あるいは4年間の努力を賭けることになります。当然のことながら失敗してしまうこともあるでしょう。そういったケースを想定して、多くの塾では、受験校の偏差値に本人の持ち偏差値プラスマイナス10くらいの幅を持たせるようにアドバイスします。

しかし、それでも強気な受験をしてしまうご家庭はまだまだ多いように感じます。そして滑り止め校以外の学校に合格できずに受験を終え、お子さんが劣等感を持ったり、勉強嫌いになってしまったりすることがあるのです。そうなると辛い思いをするのは、お子さん本人です。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。