学習 国語

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字を見分けるコツは? (2ページ目)

2018年11月21日 兵藤 かおり

紛らわしい漢字に注意

わかりやすい漢字で分類を問うものもありますが、「あれ……?」と思う、紛らわしい漢字が出題されることもあります。

似た形の漢字で分類を問うパターン

似た形の漢字で分類を問うパターンです。たとえば、次のような漢字は形が似ているので、紛らわしく、分類を間違えやすいです。

木(象形文字) 本(指事文字)
未(象形文字) 末(指事文字)

仲間はずれを問うパターン

同じようなグループでひとつだけ違うものを抜き出す、といった問題もあります。たとえば、次の4つの漢字。どれが仲間はずれか、わかりますか?

答えは「大」です。「大」だけが象形文字で「上」「下」「小」は指事文字です。

練習問題に挑戦

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字の見分けられるようになったか、次の問題でお子さんと一緒に確認してみましょう。

次の漢字は、何という文字でしょう。ア~エから選んで答えてください。

1.下
2.格
3.魚
4.男
5.本
6.絵
7.馬
8.森

ア:象形文字 イ:指事文字 ウ:会意文字 エ:形声文字

答え

1.下 イ (指事文字)
2.格 エ (形声文字)
3.魚 ア (象形文字)
4.男 ウ (会意文字)
5.本 イ (指事文字)
6.絵 エ (形声文字)
7.馬 ア (象形文字)
8.森 ウ (会意文字)

分類と仕組みをしっかり覚える

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字という分類名で苦手意識を持ちやすいです。各分類の名前と仕組みがわかれば、見分けるのはさほど難しくありません。まずは、「指で表すから、指事文字」「もののかたちをかたどった、象形文字」「音が関係するから、形声文字」「意味を合わせるから、会意文字」と印象づけましょう。そのうえで、代表的な漢字、紛らわしい漢字を覚えていくとよいでしょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者

講師歴7年、現役の塾講師です。中学受験から大学受験まで国語・社会・英語を担当しています。常々、中学受験はご家族ぐるみの一大プロジェクトだと思っていますので、少しでもお役に立てるような情報を紹介いたします。