中学受験ノウハウ

余裕をもってつくろう! 上手な勉強スケジュールのポイント5つ

2019年1月10日 ハルカ

中学受験では親が子供の勉強スケジュールを考えることがほとんどですが、計画を立てる人(親)と実施する人(子供)が違うのでうまくいかないことも多いようです。

上手なスケジュールのポイントは「理想のマイナス1」。余裕をもってつくり、絶対にクリアするという気持ちでいましょう。ついやってしまいがちな失敗とともに、家庭学習のスケジュールを決めるときに気をつけるポイント5つをまとめました。

[1]数字を使って細かく決める

「1時間計算ドリルをやる」といった大ざっぱな計画は、うまくいかないスケジュールの典型です。勉強スケジュールは数字を使って細かく具体的に決めましょう。

数字を使うのは時間だけではありません。どの問題集の何ページから何ページまでやるか、どの問題をやるかなどを具体的に決めます。たとえば「算数計算100問ドリルの問1~問10」「漢字スーパー問題集のP41~P50」などです。

大ざっぱな計画だと問題集を開いて時間が過ぎただけで「やった気」になってしまいます。たいせつなのは時間ではなく内容なので、錯覚するスキのないように具体的な計画を立てましょう。

[2]適度に科目をバラつかせる

基本的に中学受験は4科目の勉強が必要です。とはいえ、苦手科目や志望校の重要科目があると、その科目に長く勉強時間を割きたくなります。ともすると、算数を3時間やったあとに国理社の3科目を1時間ずつというバランスの悪いスケジュールを組みがちです。

集中してほしいから、という親の気持ちはわかりますが、算数だけを3時間、集中力を保って勉強するのは困難です。学習塾でも同じ科目を続けて3時間という時間割にはしません。別の科目や昼食を挟んで頭を切りかえさせます。

同じ科目の勉強は2時間が限界、家で1人で勉強するなら1時間半集中できる子も少ないでしょう。適当な時間で科目を変え、必要なら時間をおいて同じ科目に戻るようにしましょう。

[3]反復勉強でリフレッシュ

単純な計算や漢字の勉強、理科社会の一問一答は繰り返すことで少しずつ定着していきます。何度も同じ問題に触れ、速く確実に答えられるようにします。

少ない時間でも効果があるので、算数の思考力問題や国語の読解といったじっくり取り組む勉強の合間に入れるのも良いです。リフレッシュを兼ねた勉強になり、効率も上がります。

時間をあけて繰り返すと定着力アップ

漢字や語彙、理科社会の語句は何度も繰り返すことで覚えられるようになります。これらの勉強は、同じ時間にくり返すより、睡眠を挟んだ翌日や1週間後など、時間をあけて繰り返すほうが効果的です。

時間をあけて同じ問題に取り組むことで、「前も今もできた」「前はできなかったけど今はできた」「前はできたのに今はできなかった」と知識量の変化もわかります。

勉強の効率を上げるために、いつも正解できるものは勉強から外しましょう。単語帳から抜いたり問題にバツをつけてとばすなどして、できない問題や苦手な問題により多くの時間を使います。できなかった問題だけを繰り返せば短い間で知識の「抜け」を埋めていくことができます。

[4]思考勉強には十分な時間を取る

算数の文章題や国語の読解など、じっくり取り組む思考問題は解いたあとが重要です。自分で採点をして実力を測り、できなかった問題は原因を探ります。

暗記ができていなかったのなら、覚えるために繰り返し書いたり調べたりして定着を図ります。計算ミスならその原因も考える必要がありますね。字が汚いことや7の段が苦手など、直せるミスが見つかればラッキーです。

思考問題は解いたあとにも時間がかかります。採点し、できなかった原因を探して対策を考える。たとえば国語の読解なら解く時間の1.5~2倍は必要です。短い時間で終わらせて別の勉強をさせたくなる気持ちをぐっとこらえ、十分な時間を取ってあげてください。

[5]スケジュールを詰めすぎない

勉強スケジュールで最大のポイントは余裕のあるスケジュールにすることです。

家であってもトイレや飲み物などを済ませるための休憩時間を確保し、メリハリをつけましょう。

お手本は学校の時間割で、50分ほどの勉強で5~10分の休憩を取り3回の勉強で長めの休憩。これを1セットとし、塾のない平日は夜に1セット、休日は午前と午後に1セットずつできるのが理想です。もちろん受験直前期はもう少し勉強時間が長くなります。

1日のうちの休憩時間だけでなく、週単位でも休憩を設けましょう。水曜の夜は1セットだけにする、日曜の午後はフリーにするなどです。

ゆとりがあるスケジュールにすると体調不良や突発的なイベントにも対応できます。その分、決めたことは必ず実践するように心がけましょう。

まとめ

上手なスケジュールのポイントは「理想のマイナス1」。理想とする勉強量から少し減らして余裕を持たせ、決めたことは必ずこなします。

勉強スケジュールをつくるときは子供の意見も取り入れて、当事者意識を持たせるとうまくいきやすいです。「勝手に決めるからあとはやっといて」ではなく、科目の順番などは話し合って決めていくのが良いでしょう。

上手にスケジュールが組めればモチベーションも上がります。ぜひ実践してみてくださいね。

※記事の内容は執筆時点のものです

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com