広々キャンパスは設備も充実 多様な体験プログラムで好奇心を刺激

共学校

成蹊中学校

卒業生 K さん

「パンフレットには現れない生徒と学校のリアルな様子を知りたい!」という思いはどんな親でも感じるもの。『あの学校のリアル』では、そんな疑問に答えるべく、生徒として教育を受けてきた各校の卒業生である現役大学生に学校のリアルな様子を聞いていきます。

今回お話を聞いたのは、安倍晋三元総理大臣の出身校としても知られる伝統校、成蹊中学・高等学校を卒業し、現在は上智大学 総合グローバル学部に通うKさんです。

目次
成蹊中学校:卒業生 K さんに聞きました
  • キャンパスが広めな成蹊中学、学校の特徴や校風は?
  • セレブ多めのイメージを持たれがちですが、実際はどうでしたか?
  • 中学受験勉強はどのように進めましたか?
  • 転塾先の個別指導塾では、教科を絞って受けていましたか?
  • Kさんは在校中、国際交流プログラムに参加されたと聞きました。参加してみて、感じたことは?
  • 大学受験では他大学を選ばれましたよね。外部への進学を希望する生徒はどのくらいいるのでしょか? また、他大学受験対策についても学校で手厚くされていたのでしょうか?
  • 海外研修など、興味を掘り下げることができたのは、中高一貫だったからこそということでしょうか?

キャンパスが広めな成蹊中学、学校の特徴や校風は?

小学校から大学までが同じ敷地にあって、とにかく広かったです。グラウンドや体育館などの施設も立派だし、ICT教育のための環境など屋内施設も充実していました。さすが大学の附属校といった感じで、恵まれていたと思います。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

山あり谷ありの中学受験
受験を決意したとき、塾選びのとき、
子どものやる気がDOWNしたとき…
どのように考え、どのように乗り越えたのか、
受験を終えた家族にインタビューしました

一覧で見る