学者肌の先生による一風変わった授業。ユニークな校風と、知的刺激に満ちた魅力ある学校生活

男子校

聖光学院中学校・高等学校

卒業生 M さん

今回お話を聞いたのは聖光学院の卒業生で、 慶應義塾大学理工学部学問C1年のMさんです。

目次
聖光学院中学校・高等学校:卒業生 M さんに聞きました
  • Mさんが聖光学院を選んだ理由を教えてください。
  • 聖光学院と同じ偏差値帯にある栄光学園は男子校・キリスト教学校というタイプも似ている学校です。第一志望校を決定するまでに両校を比較しましたか?
  • 浅野や早稲田、東京都市大付属、栄東にも合格されていますね。これらの学校には足を運びましたか?
  • 早くから聖光学院に心を決めていたのですね。中学受験はどのように進めていたのでしょうか?
  • 実際に入学した聖光学院はどんな学校でしたか? 周囲の生徒たちの印象は?
  • 印象に残っている先生や授業はありますか。
  • 学校に不満はありませんでしたか?
  • 6年間で大きな節目となる行事や出来事はありましたか。
  • 聖光学院の在学中に芽生えた夢や目標はありますか?

Mさんが聖光学院を選んだ理由を教えてください。

初めて足を運んだのは小5のころだったと思います。学校を調べていて、たまたま良いタイミングでオープンキャンパスを開催していたのが聖光学院で、親のすすめで見学に行きました。そのときは、まだ聖光学院が偏差値トップ校だという認識がなく、学校の教育内容なども調べていませんでした。きれいな校舎に魅力を感じたのと、食堂で食べたアイスクリームが美味しかったことは覚えていますが、取り立てて「これ」という決め手はなく、「なんかいいな」という直感で選んだという感じです。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

山あり谷ありの中学受験
受験を決意したとき、塾選びのとき、
子どものやる気がDOWNしたとき…
どのように考え、どのように乗り越えたのか、
受験を終えた家族にインタビューしました

一覧で見る