豊かな自然環境は大きな魅力。将来の夢につながる恩師との出会いも

男子校

逗子開成中学校

卒業生 T さん

今回お話を聞いたのは、逗子開成中学校・高等学校(以下、逗子開成)の卒業生で、東京学芸大学教育学部 初等教育教員養成課程 環境教育選修1年のTさん。逗子開成は1903年創立の神奈川で最も古い私立男子校です。現在は進学校として注目を集めるとともに、海洋教育など独自の取り組みでも知られています。

目次
逗子開成中学校:卒業生 T さんに聞きました
  • 逗子開成に入学した経緯を教えてください。
  • 海に近いロケーションというのも大きなポイントだったのでしょうか。
  • 男子校という点も学校選択の条件だったのでしょうか?
  • 受験勉強はどのように進めてきましたか。
  • 実際に入学してからわかったことや、印象的だった出来事はありますか。
  • 逗子開成といえばヨット実習や遠泳がありますね。
  • 保護者の皆さんも、学校に積極的に関わっているようですね。
  • 先生とはどのように関わってきましたか?
  • 最後に「これが見どころ」という行事などはありますか。

逗子開成に入学した経緯を教えてください。

小3の頃から塾通いをしていて、ごく自然な流れで中学受験をすることになりました。土日は塾通いなどで忙しかったので、文化祭などはなかなか足を運ぶことができず、たまたま小5の5月くらいにタイミングが合ってオープンキャンパスに足を運んだのが逗子開成でした。そのときの「楽しそう」という印象が志望校決定につながりました。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

山あり谷ありの中学受験
受験を決意したとき、塾選びのとき、
子どものやる気がDOWNしたとき…
どのように考え、どのように乗り越えたのか、
受験を終えた家族にインタビューしました

一覧で見る