超進学校のイメージを覆す「泥くささ」 趣味の合うクラスメイトと過ごす濃密な日々

男子校

開成中学校・高等学校

卒業生 T さん

「パンフレットには現れない生徒と学校のリアルな様子を知りたい!」という思いはどんな親でも感じるもの。『あの学校のリアル』では、そんな疑問に答えるべく、生徒として教育を受けてきた各校の卒業生である現役大学生に学校のリアルな様子を聞いていきます。

今回お話を聞いたのは、東大合格者数でトップをひた走る名門校、開成中学校・高等学校を卒業し、現在は東京大学 法学部に通うTくんです。

目次
開成中学校・高等学校:卒業生 T さんに聞きました
  • 開成の特徴や校風を教えてください
  • 開成は、知る人ぞ知る難関校です。塾にはいつから通っていましたか?
  • 中学受験は、何をきっかけに始めたのですか?
  • 開成は「体育会系」の一面もあるとか。思い出深いシーンはありますか?
  • 難関大学への進学者を多く輩出する開成。その授業は、かなり独特だと聞きます
  • Tさんから見て、開成はどのような環境でしたか?

開成の特徴や校風を教えてください

開成は、「ザ・男子校」といった学校です。世間でいわれる「超進学校」のイメージは一切ありません。掃除しても、いつの間にか教室の床が砂っぽかったり……(笑)。校則もなくて、本当に自由。僕は茶髪でしたし、先生から厳しく指導された記憶もありません。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:中学受験ナビ 編集部

 

山あり谷ありの中学受験
受験を決意したとき、塾選びのとき、
子どものやる気がDOWNしたとき…
どのように考え、どのように乗り越えたのか、
受験を終えた家族にインタビューしました

一覧で見る