中学受験 FAMILY HISTORY 中学受験 FAMILY HISTORY

西山智子さん

蒼くん

※掲載しているお名前は仮名です

武蔵中学校

他・合格: 栄東

大手塾についていけず“受験うつ”に。6年生で転塾して御三家へ

西山家が中学受験を考えたきっかけは、両親ともに中学受験経験があり、中高6年間をのびのびと過ごすことができたからでした。サッカーが大好きな蒼くん(仮名・中学生)も「中高の間、ずっとサッカーができる!」と、受験にたいしていつの間にか乗り気に。しかし、勉強が本格化するにつれてサッカーとの両立ができずに成績が急降下。“受験うつ”になり、中高一貫校への進学を諦めかけたこともありました。最終的に第一志望の武蔵高等学校中学校に合格した蒼くんは、つらい時期をどのように乗り越えて御三家合格をつかんだのでしょうか。

目次
前編
大手塾についていけず“受験うつ”に。6年生で転塾して御三家へ
  • 習い事を優先して転塾するも、勉強との両立に苦しみ成績は急降下
  • 受験勉強にも大好きなサッカーにも自信を失い、“受験うつ”に
  • 何とかやる気を取り戻した息子のため、自習室目的で個人塾を追加
後編
  • 志望したのは、明らかに実力の足らないチャレンジ校2校
  • マイナスの気持ちを引きずってしまい、安全校が不合格に
  • “偏差値”ではなく、最後は“気持ち”。涙を乗り越え受験終了

習い事を優先して転塾するも、勉強との両立に苦しみ成績は急降下

3年生になってまもなく、蒼くんが「塾に行きたい」と言いだしました。中学受験は、4年生から塾通いをはじめるのが一般的。母親の智子さん(仮名)は「こんなに早くから塾代を払えない」と悩んでいました。そんな時、蒼くんがたまたま友達に誘われて受けたのが朝日新聞社が主催する「未来をつくる学びテスト 」でした。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

西山家の受験 Profile を見る

西山家の受験 Profile

とじる

  • 親子の情報

    西山智子さん、蒼くん

    ※お名前は仮名です

  • 合格・進学した学校

    武蔵中学校

  • その他の合格校

    栄東中学校

  • 当時の居住エリア

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 親自身の中学受験経験

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 共働き・片働き

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 世帯年収

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 中学受験でかかった総費用

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 受験した学校数

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試スケジュール
    会員の方のみご覧いただけます。
  • 通っていた中学受験塾

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 通塾開始期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 季節講習の利用開始時期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 個別・通信・家庭教師の併用

    会員の方のみご覧いただけます。

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 転塾の有無

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 転塾の理由
    会員の方のみご覧いただけます。
  • 転塾の時期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 塾以外の習い事

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試までの成績の変化

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 得意な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 苦手な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

西山家の別の記事

成績低迷から第一志望に逆転合格。“遅咲きの子”を見守る親の覚悟

ほかの家族のHISTORY※掲載しているお名前はすべて仮名です

一覧で見る