勉強にも行事にも没頭できる、柔軟な校風と充実した環境が魅力

共学校

栄東中学校

卒業生 N さん

今回は、東京大学をはじめ医学部や難関大学への進学実績が高い、埼玉県の栄東中学校・高等学校を卒業し、現在は早稲田大学教育学部教育学科に通うNさんにお話を伺いました。

目次
栄東中学校:卒業生 N さんに聞きました
  • 学校の雰囲気はどうでしたか?
  • 栄東中学校・高等学校は、どんなところが特徴的と思いますか?
  • 栄東といえば、予備校「SCC」があることでも有名ですよね?
  • 授業以外の行事などで印象的だったのものは?
  • 中学受験の塾については、どのように選びましたか?
  • 四谷大塚は、ほかにどんなところが魅力でしたか?
  • ご両親は中学受験の際はどのようにサポートしてくれましたか?
  • 小6では、ほぼ毎日塾に行っていたそうですが、息抜きはどうしていましたか?
  • 家庭学習はどのようにしていましたか?
  • 中学受験を振り返って、これから受験される方にアドバイスをお願いします。

学校の雰囲気はどうでしたか?

先生はフランクな方が多かったです。授業中に出身大学の話をしてくれたり、「早稲田大学の入試ではこういう問題が良く出る」など具体的に大学別の入試傾向を教えてくれたのも役に立ちました。進路指導も積極的にしてくれた印象があります。また現在、アルバイトで塾講師や家庭教師をしているのですが、教える立場になった今、「先生方の授業はクオリティが高かったのだな」と改めて感じています。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

山あり谷ありの中学受験
受験を決意したとき、塾選びのとき、
子どものやる気がDOWNしたとき…
どのように考え、どのように乗り越えたのか、
受験を終えた家族にインタビューしました

一覧で見る