中学受験ノウハウ 志望校選び

私立中学の情報収集が効率的にできる!合同説明会の活用法を紹介

2019年5月21日 市川 いずみ

「どこの中学を受験しよう」という悩みは、中学受験を考える親子の大きな悩みのひとつです。入学後の様子などの詳しい情報を知ったうえで、受験校を決めたいですよね。ネットでは手に入れにくい情報を知るには、「合同説明会」に参加するのがおすすめです。一度にたくさんの中学の情報を効率よく知ることができますよ。今回は「合同説明会」の活用法を紹介します。

合同説明会とは?

合同説明会とは、多くの私立中学が集まり、各ブースで個別相談をすることができるイベントのことです。「進学フェア」「相談会」「合同フェア」「フェスタ」など、様々な呼び方がされます。

合同説明会の種類

参加する中学の顔ぶれは、合同説明会ごとに変わります。

・特定の地域の中学が参加

・キリスト教系の中学が参加

・「女子校」または「男子校」が参加

・特定の沿線の中学が参加

※企業開催の場合は、幅広い中学校が参加することがあります

このように、似た特徴をもった中学が集まるので、効率的に情報収集ができます。参加費は無料のものが多いです。また、誰でも参加できる合同説明会がある一方で、事前予約が必要なものもあります。あらかじめ参加条件を確認しておきましょう。

合同説明会の開催時期や内容

合同説明会は、一般的に春から夏にかけて行われます。わたしの場合、開催日時や当日の参加校などは、まずはネットで検索をしました(「中学 合同説明会」で検索をすると情報サイトが複数ヒットします)。また、塾から合同説明会のパンフレットが配布されることもあります。

合同説明会は、保護者だけで参加できるものもあります。なかには、子供向けのワークショップや講演会、各中学の部活発表などが開催されるものも。

ちなみに、「中学受験をするか決めかねている……」という場合でも、参加してみることをおすすめします。考えてもみなかった中学に出会えたり、文化祭や体育祭に行ってみようかなと思えたりする学校に出会えることがあります。入試直前には学校をじっくり選ぶ時間がなかなか取れません。子供の進路の可能性を広げるためにも、合同説明会というチャンスをぜひ利用しましょう。

個別ブースで質問するポイント

合同説明会は、基本的に中学ごとに専用ブースがあります。ブースでは、先生や担当者の方と着席しながら話ができます。会場によっては、ちょっとした質問であれば並ばず立ったまま話ができるところもありました。

「どんなことを質問したらいいの?」と深く悩まなくても大丈夫です。わたしは、「気になっていること」「心配なこと」「入試や学校生活」について、ざっくばらんに答えていただけました。

同じ質問を色々な学校に聞いて比較する

以下のような質問を複数の学校に聞いてみるのもおすすめです。同じ質問をすることで学校ごとの対応の差が見えてくるので、志望校選びに役立ちます。

・携帯電話の管理方法

・モノの管理や提出物が苦手なタイプの子供への指導方法

・宿題や課題はどの程度あるか

・勉強のフォローや補習について

・友人関係、いじめなどトラブルが起きた場合の対応

また学校案内のパンフレットや、文化祭や体育祭に足を運んだだけではわからないことを聞くと、とても参考になります。わたしは、スクールカウンセラーがいることも教えてもらい、親として安心な中学に出会えました。

学校側の回答や対応で気になったことがある場合

ブースで話した先生のなかには、「感触がいいな」と思う方もいれば、「あれっ?ちょっと不安かも」と感じる先生にも正直出会いました。回答にすっきりしない場合は、その学校の個別説明会に行くこともひとつの手です。たまたまブースで話した先生の考えに違和感を感じただけかもしれません。ちがう先生にも同じ質問をしてみるとよいでしょう。

まだ聞きたいことがあるけど時間が足りない場合

どの学校も丁寧に親切に対応してくれることが多く、ついつい話し込んでしまいがちです。しかし多くの親御さんが参加しているので、ブースで話せる時間は限られます。もし「興味がある学校なのでもっと質問がしたい」という場合は、文化祭や学校説明会で改めて話を聞くことができることがあります。直接学校に問い合わせてみましょう。

人気がある学校のブースは長蛇の列

人気校はブース前に長い行列ができます。学校によっては事前に予約制のところも。塾や模試で忙しい6年生は並ぶ時間がもったいないので、保護者だけが参加するのもひとつの手です。子供も参加するのであれば、4~5年生のうちから参加しておくとよいかもしれません。

まとめ

学校に不安が残ったまま受験させたくありませんよね。親子で納得のいく志望校選びをするためにも、情報収集は重要です。

一度に何校もの学校情報が収集できる合同説明会は、時間的にメリットがあります。「まだ志望校を決めていない」「何を質問してよいかわからない」場合でも、学校選びの第1歩として気軽に参加してみてください。合同相談会を上手に活用することで、新たな出会いや発見があるかもしれませんね。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい