中学受験ノウハウ 中学受験をするかどうか

【中学受験】小学校低学年から準備しておきたいこと

2020年7月28日 石井知哉

中学受験の人気は高く、幼稚園の保護者同士の会話で中学受験が話題にのぼることもあります。では中学受験を考えた場合、どのような準備をしておけば良いのでしょうか? 

中学受験に欠かせない4つのポイント

中学受験を成功に導くためには、以下の4つのポイントが欠かせません。

・経済的余裕
・親の時間・労力
・子供の学力
・子供の意欲

【1】経済的余裕

塾の月謝や季節講習代、模擬テストの受検料のほか、中学校の入学金や授業料、設備費などが必要となります。

【2】親の時間・労力

中学校の情報集めや説明会参加、志望校選びに加え、子供の家庭学習の管理が必要になることもあります。

【3】子供の学力

入学試験を突破する得点力、長期間の受験勉強を乗り切る体力や精神力も求められます。

【4】子供の意欲

1~3がそろっていても、主役である子供自身に前向きな気持ちがなければ、受験に向けた良いスタートを切れません。

3年生の冬が受験勉強を始めるタイミング

多くの中学受験塾のカリキュラムは、小学3年生の冬から始まる設計となっています。そしてこの時期が、一般的に受験勉強のスタートを切るタイミングといわれています。そのため3年生の冬から逆算して、「受験をしようと思えばできる」という状態を整えておくことが大切です。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。