学習 国語

換言に慣れれば国語が得意になる! 読解でも作文でも言い換えが活きてくる

2021年9月27日 みみずく

評論文や説明文では、時々「換言すれば」という言葉を見かけます。難しい言い回しですが、「言い換えれば」という意味です。この「換言=言い換え」が国語ではとても大切な役割を果たします。実際にどのような場面で換言が活きてくるのかを解説します。

読解では換言を意識すると読みやすい

国語の読解問題では換言を意識しながら読み進めていくと、本文内容を理解しやすくなります。

換言の接続詞に着目して論理的に読もう

論説文や説明文では、換言の接続詞「つまり」「すなわち」「要するに」などがよく使われます。「植物は、光エネルギーを利用して、二酸化炭素と水から酸素とデンプンを作る。すなわち、光合成を行なっている。」という文章の「すなわち」に着目してみましょう。

「すなわち」の後ろには前の内容の言い換えが続きます。このことを知っていれば、「光合成って何?」という人でも、「光合成」が「光エネルギーを利用して、二酸化炭素と水から酸素とデンプンを作ること」だとわかります。

このように換言の接続詞に着目すると、初めて見る難しい言葉を理解できることがあります。論理的な読解の第一歩です。

登場人物の気持ちを換言する部分を見つけよう

物語文では、登場人物の気持ちを読み取ることが大切です。しかし、気持ちが直接書かれているとは限りません。

「太郎の顔は真っ赤だった。」から読み取れる太郎の気持ちは、怒りや喜び、恥ずかしさなど、いろいろ考えられます。しかし、この文の言い換えにあたる表現に着目すれば、太郎の気持ちを特定できます。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/