中学受験ノウハウ 過去問

過去問が解けないときはどうする? 志望校の出題傾向と自分の弱点を把握しよう

2022年5月16日 みみずく

中学受験生の多くは6年生になると志望校の過去問を解きます。そして、「過去問が解けない」と悩みます。夏休みに解いて解けないならまだしも、入試本番が迫っている冬休みに解いて解けないと、焦りも募ることでしょう。今回は、過去問が解けないときにどうすればよいかを紹介します。

過去問を解く目的を考えることが大切

受験生と保護者は「過去問が解けない」と悩む前に過去問を解く目的を考えるとよいでしょう。そうすれば、解けるか解けないかは気にならなくなります。

過去問を最後の模擬試験代わりにしてはいけない

入試本番直前に志望校の過去問を解く受験生がいます。過去問を最後の模擬試験代わりにして自分の実力を確かめるためです。

最新の1~2年分の過去問をこのように使うのは構いません。しかし、何年分もの過去問を入試本番直前に解くのは好ましくありません。この時期に自分の弱点に気づいても、時間の制約で補強するのが難しいからです。また、過去問が解けないと自信を失い、本番にも悪影響を及ぼしかねません。

過去問から志望校の出題傾向と自分の弱点を把握する

過去問を解くのは、志望校の出題傾向と自分の弱点を把握し、今後の勉強でどこに力を入れるべきかを知るためです。現時点で過去問が解けるか解けないかは大きな問題ではありません。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/