学習 国語

小学3年生で習う漢字は200字。書き順までしっかり覚えるための方法3選 (1ページ目)


小学3年生で新しく習う漢字は200字あります。小学2年生で習う漢字が160字なのに対し、40字も多く覚えなければなりません。3年生になると新たに社会や理科、英語の授業もはじまるため、そのなかで新しく漢字を200字も覚えるというのは、子どもにとって非常に大変なことです。この記事では、小学3年生で新しく習う漢字の学習法についてご紹介します。

小学3年生で新しく習う漢字は200字

下記の表は、小学3年生で習う漢字の一覧です。

使
宿
調

小学3年生で習う漢字を覚える方法3選!

※画像はイメージです

それでは、小学3年生の漢字学習法をご紹介していきましょう。なお、我流の書き順がクセになってしまうお子さんは、早めに「正しい書き順」を指導しておかないと後々苦労することになるかもしれません。「正しい書き順」は、漢字はどの順番で書くのがよいか、ということの蓄積から定まったもので、一般に正しいとされる書き順に従うほうが速くきれいに文字を書くことができます。国語以外の教科でも、字を書く速さ・正確さは点数アップにつながるので、おろそかにするべきではありません。我流の書き順で字を書いていた期間が長ければ長いほど、その修正にも時間がかかりますから、小学3年生の時点で問題を解消しておきましょう。

1.プリントやドリルを使う

漢字の学習の王道は、物事を覚えるには、インプットとアウトプットの繰り返しの反復練習です。そのためには、プリントやドリルを利用してひたすら書いて覚えるのがよいでしょう。

最近、漢字のドリル教材で話題になったものといえば、なんといっても「うんこ漢字ドリル」です。全ての例文に「うんこ」という言葉を入れるという意表をついた方法で、子供にとって退屈なドリル学習を楽しく取り組めるものにしました。たんに奇をてらっただけのものではなく、内容もしっかりしていると口コミでも評判です。

参考:「日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル」
https://unkokanji.com/

プリント形式の学習をしたいなら、「ちびむすドリル【小学生】」(http://happylilac.net/sy-kanzi3h.html)のような、インターネット上で学習教材を配布しているサイトを利用するとよいでしょう。このサイトでは、小学3年生で習う200文字をカバーした練習プリントと、きちんと身についているかをチェックできる漢字テストのプリントがダウンロード可能。他の教材サイトへのリンクも用意されているので、「ちびむすドリル」で配付されている教材にお子さんが飽きてしまったら、新しい教材を探すこともできます。