学習

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字を見分けるコツは?

2018年11月21日 兵藤 かおり

「漢字の成り立ち」は教えられた直後には理解していても、いざ問題となると「見分け方を忘れた」というお子さんが少なくありません。今回は、4つの文字の分類名の覚え方と見分けるコツ、それぞれの代表的な漢字をご紹介します。

漢字を「分解できない」「分解できる」の2つに分類してみる

わかりやすいように、次の4つの漢字で考えてみましょう。

「森」と「校」は「分解できる文字」です。「森」は「木+木+木」に、「校」は「木+交」に分解できます。「分解できる文字」は、形声文字か会意文字です。

「日」と「上」は「分解できない文字」です。分解できない文字は、指事文字か象形文字です。

指事文字と象形文字の見分け方

では、指事文字と象形文字の見分け方です。2つを見分けるには、数が少ない指事文字から覚えるとカンタンです。

指事文字は「抽象的なもの」を「指」で表した文字

指事文字は「かたちがないもの」「抽象的なことがら」を表すために生まれた文字です。かたちがないものを「指」で表したから「指」事文字というと覚えやすいです。

たとえば、「上」という漢字。「上」という物体があるわけではないです。かたちがなくて抽象的なものですね。漢数字の「一」「二」「三」も指事文字です。次のような代表的な指事文字から確実に覚えていきましょう。

指事文字の例

上記に挙げた例のうち、間違えやすいのが「本」「末」といった字です。

指事文字には、後述する象形文字に点や線を加えてつくられた文字があります。

「本」という字で考えてみましょう。「本」は「ほん」とも読みますが、「もと」とも読みますよね。「ほん」はかたちがあるものですが、「もと」はかたちがないものです。

この「もと」を表すために、「木」(象形文字)に横棒を1本足して表したものが「本」です。「末」も同様で、「木」のうえに少し長い横棒を加えて、先端である「すえ」を表しています。

象形文字の「象」は「かたち」を表す

象形文字は4分類のなかで直感的にわかりやすい漢字です。「象」は「かたち」を表します。ですから、「もののかたちをかたどった漢字は象形文字」とすると覚えやすいです。

ただ、画数の多い漢字を見ると「分解できる」と考えてしまう子がいるので、丁寧に文字を確認するよう助言できるとよいでしょう。次のような漢字が代表的な象形文字です。

象形文字の例

形声文字と会意文字の見分け方

「どっちがどっちだっけ?」と迷うお子さんが多いのが、形声文字と会意文字です。

」、つまり「音」を表わすのが形文字で、漢字と漢字を組み合わせて異なった「味」を表わすのが会文字です。読むときに太字の部分を強調すると印象づけやすいです。

形声文字は音読みするとわかる

漢字は約9割が形声文字といわれています。形声文字と会意文字を見分けるには、形声文字から入るとわかりやすいです。

形声文字は、音を表わす文字(音符)と、意味を表わす部分(意符)で構成されています。

カンタンな見分け方としては、漢字を音読みさせることです。次のように、漢字の中に同じ音の漢字があれば、形声文字です。

形声文字の例1(漢字のなかに、同じ音の漢字があるもの)

次のように、音読みをしたとき、同じ音を表わす文字が入っているのが形声文字の代表的なパターンです。

紙(シ)
= 糸+氏(シ)
町(チョウ)
= 田+丁(チョウ)
姉(シ)
=女+市(シ)
理(リ)
=王+里(リ)

形声文字の例2(漢字のなかに、似た音の漢字があるもの)

また、似た音を表わす文字が入っている場合もあります。

村(ソン)
=木+寸(スン)
暑(ショ)
=日+者(シャ)

形声文字の例3(同じ音で「へん」が異なるもの)

同じ音で、「へん」が異なる形声文字もあります。

板(ハン)坂(ハン) 講(コウ)構(コウ)

会意文字はセットにすると意味が変わる文字

会意文字は、意味のある漢字を2つ以上組み合わせると、別の意味になる漢字です。

たとえば、「明」。これは「日」と「月」が組み合わさって、別の意味の漢字になっています。「木」が3つ組み合わさった「森」も同じです。次のような漢字が代表的な会意文字です。

会意文字の例

明=日+月 森=木+木+木
鳴=口+鳥 畑=火+田
男=田+力 品=口+口+口

紛らわしい漢字に注意

わかりやすい漢字で分類を問うものもありますが、「あれ……?」と思う、紛らわしい漢字が出題されることもあります。

似た形の漢字で分類を問うパターン

似た形の漢字で分類を問うパターンです。たとえば、次のような漢字は形が似ているので、紛らわしく、分類を間違えやすいです。

木(象形文字) 本(指事文字)
未(象形文字) 末(指事文字)

仲間はずれを問うパターン

同じようなグループでひとつだけ違うものを抜き出す、といった問題もあります。たとえば、次の4つの漢字。どれが仲間はずれか、わかりますか?

答えは「大」です。「大」だけが象形文字で「上」「下」「小」は指事文字です。

練習問題に挑戦

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字の見分けられるようになったか、次の問題でお子さんと一緒に確認してみましょう。

次の漢字は、何という文字でしょう。ア~エから選んで答えてください。

1.下
2.格
3.魚
4.男
5.本
6.絵
7.馬
8.森

ア:象形文字 イ:指事文字 ウ:会意文字 エ:形声文字

答え

1.下 イ (指事文字)
2.格 エ (形声文字)
3.魚 ア (象形文字)
4.男 ウ (会意文字)
5.本 イ (指事文字)
6.絵 エ (形声文字)
7.馬 ア (象形文字)
8.森 ウ (会意文字)

分類と仕組みをしっかり覚える

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字という分類名で苦手意識を持ちやすいです。各分類の名前と仕組みがわかれば、見分けるのはさほど難しくありません。まずは、「指で表すから、指事文字」「もののかたちをかたどった、象形文字」「音が関係するから、形声文字」「意味を合わせるから、会意文字」と印象づけましょう。そのうえで、代表的な漢字、紛らわしい漢字を覚えていくとよいでしょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者

講師歴7年、現役の塾講師です。中学受験から大学受験まで国語・社会・英語を担当しています。常々、中学受験はご家族ぐるみの一大プロジェクトだと思っていますので、少しでもお役に立てるような情報を紹介いたします。

合わせて読みたい