学習 理科

「食塩水の濃度がわからない」を家庭で解決する体験型学習

2018年4月23日 石井知哉

食塩水の濃度に関する問題は中学入試の算数や理科の問題において頻出のテーマのひとつです。しかし、この単元が苦手だというお子さんは多いことでしょう。

そもそも食塩水の濃度とは?

お子さんが食塩水の濃度を苦手としている場合、「濃度とは何か」をよくわかっていないこともあるので、まずは正確に「濃度」について理解しておく必要があります。

「濃度」とは「食塩水全体に含まれる食塩の量の比率」のことです。通常は%(パーセント)で表します。「食塩の量÷食塩水全体の量」で求めることができ、%にするために×100をします。

説明としては、これだけなのですが、これで理解できるようなら苦労はありませんよね?

小学生にとって濃度がわかりにくい原因として、「実感しにくいこと」が挙げられます。そこで、少し時間と手間はかかりますが、家庭で「濃度とは何か」を実感できる体験型学習を紹介します

オレンジジュースで濃度を理解する

家庭内で濃度を楽しみながら理解するには、オレンジジュースをつくるのがおすすめです。手順は以下の通りです。

  1. オレンジ、コップ3つ、計量ばかりを用意します
  2. コップにはそれぞれA、B、Cとラベルを貼ります
  3. オレンジを絞り、果汁を50gずつコップに分けます
  4. コップBには水50g、コップCには水150gを入れます
  5. できあがった3種類のオレンジジュースの味を比べます

コップのジュースを飲んで、どのコップがオレンジの味が濃いか、お子さんに感想をたずねてみてください。

味の濃さはA、B、Cの順になるはずです。これがそのまま濃度の大きさの順になります。

こうして、舌で濃度の何たるかを実感したら、以下の図のように理屈の説明に入ります。

コップA


続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。