中学受験ノウハウ

昆虫の生態でよく出る「完全変態」「不完全変態」は分類して覚える

2019年2月05日 ゆずぱ

中学入試で頻出の昆虫の生態。そのなかでもよく出題されるのが、完全変態や不完全変態です。

教科書には「完全変態をする昆虫として、テントウムシやハエやモンシロチョウの仲間が挙げられます」と説明があります。カブトムシは? カメムシは? セミは? どうでしょう? ひとつひとつ覚えるのは骨が折れます……。

また、昆虫の生態は、幼虫と成虫の棲む場所や食べ物の変化も問われることがあります。これもきちんと覚えたいです。分類・整理して覚えましょう。

完全変態・不完全変態とは

完全変態と不完全変態の定義はとてもシンプルで、幼虫から成虫になる過程で、蛹(さなぎ)になるかどうかです。

蛹(さなぎ)とは成虫になる前の形態で、ほとんど動くことができず、エサも取りません。外敵からの防御力はゼロ状態です。

ちなみに……、無変態(不変態)といって、幼虫から成虫になるまで全くかたちを変えない虫もいます。大人でも聞いたことがないかもしれませんが、シミ、トビムシといった虫が無変態の虫です(シミ、トビムシは見た目が強烈なので写真を調べるときは閲覧注意です)。

「蛹」という漢字は虫へんに「甬(ヨウ)」と書きます。「甬」という字は「花のつぼみがふくらんださま」を表すそうです。チョウの蛹(さなぎ)って確かにつぼみっぽいですね……!

完全変態と不完全変態 ―― 見た目の特徴

完全変態の昆虫の見た目の特徴は、「幼虫と成虫で姿がガラリと変化すること」です。わかりやすいのは、チョウです。幼虫のときはイモムシで、蛹(さなぎ)になったあと、成虫のチョウになります。

この「ガラッと変化」は、さながらシンデレラみたいです。

一方で、不完全変態の昆虫は、幼虫も成虫も見た目が似ています。イメージしやすいのは、バッタやコオロギでしょう。幼虫と成虫で、羽などの大きさが違いますが、見た目はほぼ一緒。

ただ、不完全変態の昆虫にも、セミやトンボのように幼虫から成虫になるときに見た目が変わる虫がいます。ここは覚えるときに、ちょっと注意が必要ですね……。

ここまでは完全変態と不完全変態の特徴と、その見た目の変化の話でした。

ほかにも入試で問われる特徴があります。それは「幼虫と成虫で棲む場所や、食べ物が変化する」という特徴です。

この傾向が顕著なのが、完全変態の昆虫です。

幼虫のときは土の中で暮らして、成虫になると空に羽ばたく昆虫。幼虫のときはカタツムリを捕食するバリバリの肉食なのに、成虫になると口が退化して何も食べない昆虫がいます。

ヤミクモに覚えるのは大変……。生物学上の分類を把握する

さて、生物学の世界では、生き物を特徴ごとに分類しています。

たとえば「カブトムシ」は、「節足動物門 ― 昆虫綱 ― 甲虫目 ― コガネムシ科」に属します。同じ科に分類にされる昆虫は似たような特徴を持ちます。

この分類を知らずに、生物の特徴を学習するのはもったいないと思うのです。昆虫の特徴をひとつずつヤミクモに覚えるのではなく、分類を把握して覚えることをおすすめします。

節足動物の分類 ―― 昆虫で7分類は覚えておきたい

昆虫は、節足動物門(もん)という仲間に分類されます。

節足動物門は足が6本の昆虫綱(こう)と足が8本のエビ綱、足が10本のクモ綱などに分類されます。

そして昆虫綱は、甲虫目やハエ目などといった目(もく)に分けられます。代表的な目は次の7つの目です。こういった、全体像をおさえましょう。

この分類図は、中学受験の学習内容を参考に、筆者が簡略化したものですのでご注意ください。たとえば昆虫綱には7つ以上の目があります。昆虫綱とエビ綱とクモ綱以外の綱もあります。たとえば、ムカデはムカデ綱です。入試までまだ余裕があって、お子さんが興味をもつようなら、範囲を広げてみてもよいと思います。

分類すると、頭の中がスッキリする

先程の生物分類の図を眺めながら、完全変態と不完全変態の話に戻ります。この分類があると、覚えやすくできます。

前述した代表的な7つの目のうち、甲虫目・ハエ目・ハチ目・チョウ目は完全変態、カメムシ目・バッタ目・トンボ目は不完全変態です。

チョウは完全変態の虫で、蛹(さなぎ)になってガラッと姿を変えるシンデレラタイプの虫です。

ちなみに、カメムシは、見た目がカブトムシやコガネムシといった甲虫目っぽいのに、不完全変態の昆虫です。セミもカメムシ目なので、不完全変態の昆虫ですね。なので、「カメムシ(セミ)・バッタ・トンボはシンデレラじゃない」と覚えておきましょう。

このように生物分類学を把握してから、昆虫の特徴をあてはめていくと、頭がスッキリしてきます。

特徴を当てはめるときは、子供なりにイメージしやすいように、なにかに例えて考えてみるのも効果的だと思います。

ただ注意点もあります。この分類は、もともと自然の中でそれぞれの進化を遂げた生物を、後から人 (生物学者)が似たもので分類したものです。ですから、どうしても例外があります……。

それでも生物分類学をベースに整理した方が、ひとつひとつをヤミクモに覚えるよりは、記憶にのこりやすいと思います。

姿や形だけじゃない! 食べ物や生活する場所の変化をおさえよう

中学入試問題では、どの昆虫が完全変態で、どの昆虫が不完全変態なのかを問われるほかに、幼虫と成虫での生活の違い(食べ物や棲む場所)を問われることもあります。姿や形だけでなく生活の変化もおさえましょう。

完全変態の昆虫で生活スタイルを整理してみる

昆虫は、幼虫と成虫で大きく生活のしかたが変わるものがいます。この特徴が顕著なのが、完全変態の虫です。

この特徴も整理してみると、頭に入りやすくなります。次の図は代表的な完全変態の昆虫の生活スタイルをまとめたものです。

甲虫目ではカブトムシなど多くの種が、幼虫時に土の中で腐植土や朽木を食べて育ちます。そして、成虫になった後は、樹木の樹液を食べて生活しますね。

ホタルは幼虫のとき、カタツムリなどを食べる肉食ですが、成虫になったあとは、口が退化して何も食べません。幼虫のときに蓄えた栄養だけで生活します。

大人になってから何も食べないなんて、めちゃめちゃ我慢強い虫ですね、ホタルは……。

このように分類をおさえて、特徴をまとめると、バラバラの知識が整理されて覚えやすくなります。

まとめ

中学受験の理科で頻出の完全変態と不完全変態。違いは蛹(さなぎ)になるかどうかです。

ヤミクモに暗記するのではなく、生物学の分類をベースに暗記すれば学習効果もグッと上昇するのではと思います。棲む場所や食べ物といった生活スタイルもセットでおさえるのがおすすめです。ぜひお試しください!

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者

小学生の息子と娘を持つ2児の父親です。息子が4年生の夏に中学受験をしたいと宣言してから中学受験に向けた活動が始まりました。兄の姿を見た娘も中学受験をしたいと言い出し、5年におよぶ受験生活を見据え日々奮闘中です。某電気メーカーでシステムエンジニアの仕事をしながら、中学受験に挑む子供の親として活動の中での気づきや実践している工夫をブログで発信しています。

中学受験ブログ「かるび勉強部屋」
http://yuzupa.com/