中学受験 FAMILY HISTORY 中学受験 FAMILY HISTORY

西村香さん

海斗くん

※掲載しているお名前は仮名です

佼成学園中学校・高等学校

「早稲田付属も夢ではない」といわれた入塾から一転。偏差値60台から40台へ

「志望校全落ち」受験前にあまり聞きたくない言葉ですが、中学受験の取材を多くしていると、これがそれほど珍しいケースでないことがわかります。当日の体調を崩してしまったり、思わぬところで緊張してしまったり、大人びて見えてもまだまだ子どもなのが小学生です。今回は受験コースに変更当初、早稲田大学付属校受験をすすめられたものの、成績が下落、当初志望していた学校のすべてに落ちてしまったという男児一家のお話です。

現在、佼成学園に通う西村家の海斗くん(仮名・高校生)。塾の中学受験コースに移った当初は偏差値60台と好成績をキープ「早稲田の付属校も目指せます!」と太鼓判を押されて始まった中学受験の道でしたが、最終的に入学したのは偏差値的には下の佼成学園でした。

「受験するまでは、『こんなに低い偏差値のところに入る意味あるの?』と思っていました。佼成学園を受けたのは中学受験を惨敗の記憶ではなく、成功体験として終わらせてやりたかったからです。でも試験当日、ボロボロになっていた息子を両手を広げて迎え入れてくれた佼成学園の校長先生の暖かさに息子も私も感動して、入学を決めました。中学3年間はとてもよく見ていただき、満足です」

こう話すのは母親の香さん(仮名)です。いきいきと学校生活を送る今、この選択に後悔は見られません。

小2で入塾。塾のアンケートで“中学受験したい”に○

海斗君の入塾は小学校2年生の時でした。母親の香さんは海斗くんの小学校入学をきっかけに、家庭に軸足を置いてきた働き方をチェンジ。少しずつ仕事量を増やしていくにあたり、海斗君は学童保育のお世話になることにします。ところが、2年生になると「学童は行きたくない!」と強く拒むようになったのです。そんな時、目にとまったのが近くにあった臨海セミナーのチラシでした。2年生の月謝は6,000円ほど。説明を聞きに行くと、授業は週に1日から、国語と算数の2教科を見てもらえて、授業のない日も自習室が使えるということでした。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

西村家の受験 Profile を見る

西村家の受験 Profile

とじる

  • 親子の情報

    西村香さん、海斗くん

    ※お名前は仮名です

  • 合格・進学した学校

    佼成学園中学校・高等学校

  • 当時の居住エリア

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 親自身の中学受験経験

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 共働き・片働き

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 世帯年収

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 中学受験でかかった総費用

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 受験した学校数

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試スケジュール
    会員の方のみご覧いただけます。
  • 通っていた中学受験塾

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 通塾開始期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 季節講習の利用開始時期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 個別・通信・家庭教師の併用

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 転塾の有無

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 転塾の理由
    会員の方のみご覧いただけます。
  • 転塾の時期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 塾以外の習い事

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試までの成績の変化

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 得意な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 苦手な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

西村家の別の記事

「安全校からもまさか不合格」“志望校全落ち”の親子が下した決断

ほかの家族のHISTORY※掲載しているお名前はすべて仮名です

一覧で見る