中学受験 FAMILY HISTORY 中学受験 FAMILY HISTORY

川井真理さん

龍太郎くん

※掲載しているお名前は仮名です

栄光学園中学校

他・合格: 栄東, サレジオ学院, 浅野

中学受験の要は情報収集!難関校突破を実現した親子の「万全の準備」とは

中学受験は選択の連続です。塾をスタートさせる学年、塾選び、習い事ごととの両立、志望校の選択。志望校が決定してからも、併願校の設定、受験日の組み合わせなど、決断していかなくてはならないことが山ほどあります。高校受験や大学受験であれば本人の意志や判断力にも期待できますが、中学受験は受験生自身がまだまだ幼い小学生。保護者が決めてあげなければいけないことがほとんどと言ってもよいでしょう。そのとき、保護者がしっかりと情報取集ができれば、子どもも安心して受験に取り組むことができるのではないでしょうか。

神奈川県の自宅から栄光学園中学校に通う川井龍太郎くん(仮名、中学生)。友人にも恵まれ、毎日楽しく学校に通っています。母親の真理さん(仮名)は、「勉強面では苦労している部分もありますが、できる子が多い学校に入ったので仕方がないですね。子どもなりに プライドもあるので、成績がふるわないときは周囲を見て『やらなくちゃ』と取り組んでいるようです」と、温かく見守ります。

目次
前編
中学受験の要は情報収集!難関校突破を実現した親子の「万全の準備」とは
  • その子に「合う塾」「合わない塾」がある
  • クラス替えテストにも神経質にならず自然体で挑む
  • 苦手な国語がネックに……塾の授業は難しすぎる!?
  • 家庭教師の先生をじっくり選び、国語を挽回!
後編
  • 「志望校特化で成績が下がることもある」という読み
  • 1月の併願校受験は“敢えて出願を遅らせる”作戦で
  • 試験前日のホテルも予約済 万全の準備が本番を支えた
  • 長い目で見て育ててくれるのが中高一貫のよい所
  • バックアップに徹することも、時には大事

その子に「合う塾」「合わない塾」がある

龍太郎くんが中学受験塾に通いはじめたのは小4のとき。3歳違いのお姉さんがすでに中学受験を経験していたので、私立受験を選択するのは自然な流れだったそうです。塾はSAPIX小学部を選びました。龍太郎くんの志望校が上位校だったので「難関・上位校に強いSAPIXを」と考えたのもありますが、もうひとつの決め手になったのが「テキスト」でした。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

川井家の受験 Profile を見る

川井家の受験 Profile

とじる

  • 親子の情報

    川井真理さん、龍太郎くん

    ※お名前は仮名です

  • 合格・進学した学校

    栄光学園中学校

  • その他の合格校

    栄東中学校

    サレジオ学院中学校

    浅野中学校

  • 当時の居住エリア

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 親自身の中学受験経験

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 共働き・片働き

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 世帯年収

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 中学受験でかかった総費用

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 受験した学校数

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試スケジュール
    会員の方のみご覧いただけます。
  • 通っていた中学受験塾

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 通塾開始期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 季節講習の利用開始時期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 個別・通信・家庭教師の併用

    会員の方のみご覧いただけます。

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 転塾の有無

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 塾以外の習い事

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試までの成績の変化

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 得意な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 苦手な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

川井家の別の記事

受験日当日は雪!それでもパニックにならずに済んだ理由は?

ほかの家族のHISTORY※掲載しているお名前はすべて仮名です

一覧で見る

卒業生インタビュー あの学校のリアル 卒業生インタビュー あの学校のリアル