中学受験ノウハウ 教育用語

これだけは知っておきたい! 最新教育トレンド――ICT教育

2019年10月24日 石井知哉

間近に迫った「2020年教育改革」。それは中学校教育にも大きく影響します。今回は、私立の中高一貫校を中心に取り入れられている最新の教育トレンド「ICT(アイシーティー)教育」について解説します。

「ICT教育」とは

ICTとは「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略で、簡単にいえば「インターネットの通信技術を用いたコミュニケーション」のことです。パソコンやタブレットなどのICTツールを使って、情報や知識を効率良く伝達・共有し、教育の質を高めることがICT教育の狙いです。

たとえば、教員があらかじめ作成したスライドをプロジェクターでスクリーンに映したり、生徒のタブレット画面に直接共有したりすることで、板書の時間や手間が省けて、その時間をより効果的に使うことができます。

このように、ICTツールを用いることで“インプットの時間”を短縮することができるため、授業の形が大きく変わります。またICT教育は、“アウトプットの時間”を重視する「アクティブ・ラーニング(主体的で対話的な深い学び)」とも密接に関わってきます。

学校現場でのICT教育の実践事例

生徒1人につき、タブレットを1台配布(貸与もしく購入)する私立中高一貫校は多いです。授業開始と同時に生徒と先生がタブレットを開く、という光景も珍しくありません。そして、ICTツールは学校内のさまざまな場面で活用されています。

授業

ICT教育を実践する授業では、教員が作成した資料を投影・共有することが一般的です。また、調べ学習やレポートの作成、プレゼンテーション用の資料の作成など、生徒がICTを積極的に活用する場面も増えています。なかには、宿題の提出にICTを活用する学校も。生徒は家庭で解き終えたプリントをタブレットのカメラで撮影し、その画像を学習管理アプリで先生に提出。先生はそれをチェックし、コメントをつけてアプリ上で返却します。

また、毎朝の小テストを生徒1人1人のタブレットに配信するという事例もあります。先生は全生徒の結果を一括管理でき、学習の定着状況も把握できます。さらに、不正解の問題のみを抽出して再テストを実施するなど、ICTの強みを活かした使い方もされています。

学習管理・記録

テストの結果や、授業で作成したレポートやプレゼンテーション動画など、生徒の学習状況をデータとして保管するときにもICTが利用されています。また、教員たちがこれらを「クラウド(ネット環境があれば、どこからでもサービスが利用できるプラットフォーム)」で共有することで、学習や進路の指導にも活用されています。

情報連絡・共有

自然災害をはじめとする緊急時の連絡、また定期テストの日程や時間割といった全校生徒への共有事項は、ICTツールを使えばスピーディかつ確実に伝達できます。

もう1つのトレンド「BYOD」とは?

ICT教育の要は、タブレットやPCといった端末であり、全生徒が所有していることが前提となります。これに加えて、今後導入する学校が増えていくと予想されるのが「BYOD(ビーワイオーディー)」です。「BYOD」とは「Bring Your Own Device(私的端末の利用)」の略で、元々は従業員が所有する個人使用端末を業務内で使用することを指す言葉です。

教育現場での「BYOD」は、高校生のスマホ所有が当たり前になりつつある現状において、生徒個々人のスマホを学習にも活用しようという試みです。すでに都立高校がこの仕組みを導入しつつあり、「授業中の携帯禁止」がなくなる日はすぐ目の前といわれています。こうした流れのなか、「スタディサプリ」や「学びエイド」といった動画授業サービスを学校単位で導入し、生徒が各自のスマホで閲覧・学習するという動きも加速していきそうです。

参考: 学びエイド

ICT教育の進展により、教室の風景は様変わりしていく

文部科学省でも、公立校におけるICT教育推進に向けて、学校内のWi-Fi環境整備や、端末の普及といった施策を打ち出しています。ICT教育の進展により、教室の風景は親世代の学生時代から様変わりしているのです。現在の教育シーンの変化に驚かされる親御さんも多いことでしょう。ジェネレーションギャップを乗り越え、より良い中学校選びの判断材料を得るためにも、ICT教育の動向に注目してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい