学習 国語

あと5点を取りにいく! 国語のケアレスミス対策

2019年11月05日 ハルカ

入試はもちろん、漢字テストや塾のクラス分けテストなど、ケアレスミスで点数を落とすのは悔しいものです。あの問題さえ正解できていれば……といった思いは、だれしも経験があるのではないでしょうか。

国語の場合、正解が1問増えれば5点ほど点数が上がります。その1問を確実に取るためにはケアレスミスを減らすことが大切です。そしてケアレスミスを減らすためには見直しが効果的ですが、多くの子は見直しをするように言っても、全体を眺めるだけで時間を過ごしてしまいます。そこで今回は、見直しですべきことを紹介します。具体的な方法を理解して実践し、時間いっぱい粘るクセをつけましょう。

誤字脱字のチェック

ケアレスミスで多いのが、誤字脱字です。まずは漢字の書きとり問題を見直しましょう。書き取り問題の解答欄は大きくスペースが取られていることが多く、「細かいところまでしっかり見ますよ」という採点側の意図が伝わってきますよね。

漢字は、書けていると思ったのに減点されるのが一番もったいないです。特に見るべき部分は、トメハネや点の有無といった「漢字の形にかかわるもの」と「送りがな」の2点です。

たとえば漢字の形だと、「派」の5画目や7画目をハネていたり、「専」に余計な点をつけてしまったりという間違いが多く見られます。「険/検」「複/復」といった漢字は、部首の間違いも多いです。送りがなだと、「厳か」「著しい」「謝る」といった、読み仮名が3字以上の漢字が間違えやすいです。

漢字の書きとりほど細かくは見られませんが、漢字の間違いは記述問題でも起こります。意外と多いのが「本村/木村」のような登場人物の名前の間違いです。ほかにも「てにをは(助詞)」など、記述は文字をたくさん書くからこそ誤字脱字の間違いが生まれやすいです。丁寧に読み直して減点を防ぎましょう。

問題文の読み直し

国語が苦手でないのに点数が振るわない原因として多いのが、問題文の読み違いです。原因を問われているのに結果を書いてしまうなど、早とちりからくるもったいない間違いです。はやく解き終わる子にこそ多いので、当てはまる場合は注意してください。

対処法は、問題文をあらためて読み直して自分の答えと見比べることです。本文から抜き出すのか、自分の言葉でまとめるのか。当てはまるものを選ぶのか、当てはまらないものを選ぶのか。記述の文末表現は適当か。

問われていることに答えるのがテストの基本です。問題文を改めてじっくり読み、何を問われているかを確認します。ただ読むだけだと同じ間違いをしてしまう可能性があるので、条件に“しるし”をつけるのがポイントです。答える内容に線を引き、文末や文字数などの条件には丸をつけます。手と目と頭を総動員して、正しく答えられているかを確認しましょう。

選択問題の精査

選択問題は意外と配点が高いので、時間いっぱいまで精度を高めたいものです。正解だと思ったもの以外もよく読み、よりふさわしいものがないか見ていきます。消去法で選んだ場合は、選んだ答えが正しいとする根拠を本文から探して正答を選ぶ確率を高めます。「なんとなくコレだ」と選んだ場合は、その選択肢に疑わしい部分がないか確認しましょう。

しかし、すべての選択問題を精査するには時間がかかりすぎるので、自信がないものから優先的に精査できるのが理想です。そのために、問題を解く段階で自信のないものには印をつけることを習慣にしてみてください。たとえばまったくわからなかったり時間がなくて飛ばしたりした問題にはバツ印、選択肢を絞りきれず悩んだ問題にはサンカク印といった具合です。

自信のあるなしをチェックしておくのは、見直しのときだけでなく、採点後の分析作業でも役に立ちます。まったくわからなくて、適当に選んだ結果として間違えてしまった問題より、自信があったのに間違えたものを優先すれば効率的な復習ができます。

まとめ

試験終了まであと5分。そんな短い時間でも、踏ん張り次第ではあと5点が狙えるかもしれません。ケアレスミスの予防は、新たな知識をつけずとも偏差値アップが期待できるチャンスです。もっとできたはずなのにケアレスミスのせいで減点されるのは悔しいですよね。次のテストでは悔しい思いをしないように、今回紹介した方法を試してみてください。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい