学習 国語

あと5点を取りにいく! 国語のケアレスミス対策

2019年11月05日 ハルカ

入試はもちろん、漢字テストや塾のクラス分けテストなど、ケアレスミスで点数を落とすのは悔しいものです。あの問題さえ正解できていれば……といった思いは、だれしも経験があるのではないでしょうか。

国語の場合、正解が1問増えれば5点ほど点数が上がります。その1問を確実に取るためにはケアレスミスを減らすことが大切です。そしてケアレスミスを減らすためには見直しが効果的ですが、多くの子は見直しをするように言っても、全体を眺めるだけで時間を過ごしてしまいます。そこで今回は、見直しですべきことを紹介します。具体的な方法を理解して実践し、時間いっぱい粘るクセをつけましょう。

誤字脱字のチェック

ケアレスミスで多いのが、誤字脱字です。まずは漢字の書きとり問題を見直しましょう。書き取り問題の解答欄は大きくスペースが取られていることが多く、「細かいところまでしっかり見ますよ」という採点側の意図が伝わってきますよね。

漢字は、書けていると思ったのに減点されるのが一番もったいないです。特に見るべき部分は、トメハネや点の有無といった「漢字の形にかかわるもの」と「送りがな」の2点です。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com