学習 算数

循環小数と分数の関係を考えよう! 規則性に注目すると小学生でも理解できる

2021年5月18日 みみずく

0.3333…や1.57878…のように、同じ数字が無限にくり返される小数を「循環小数」といいます。循環小数は高校数学で本格的に学びますが、中学受験算数でも出題されることがあります。

循環小数と分数の関係を理解したうえで、中学受験でよく出る問題にチャレンジしてみましょう。

循環小数を分数で表してみよう

小数点以下に数字が無限に並ぶ小数を「無限小数」といいます。無限小数のうち、0.3333…は3が無限にくり返されるので循環小数です。一方、円周率の3.14159…は同じ数字の繰り返しがないので循環しない無限小数です。循環小数と循環しない無限小数には、分数で表せるかどうかの違いもあります。

0.3333…を分数で表してみよう

たとえば、0.3=\(\frac{3}{10}\)、0.33=\(\frac{33}{100}\)のように、無限小数ではない小数(有限小数)は分数で表せます。実は、0.3333…などの循環小数も分数で表すことができます。実際に分数で表してみましょう。

□=0.3333…とします。これを10倍すると、□×10=3.3333…となります。□×10=3.3333…から□=0.3333…を引くと、□×10-□=3.3333…-0.3333…です。=の左側は□10個から□1個を引くので□×9となり、=の右側は小数点以下が0.3333…で同じ形なので3だけが残ります。□×9=3なので、□=3÷9=\(\frac{3}{9}\)=\(\frac{1}{3}\)になりました。

循環小数を分数で表すコツは、小数点以下を同じ形にすることです。

1.57878…を分数で表してみよう

今度は1.57878…を分数で表してみましょう。□=1.57878…とするところまでは0.3333…と同じです。しかし、単純に10倍するだけだと、□×10=15.78787…となって、□=1.57878…と小数点以下が同じ形になりません。そこで一工夫します。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/