中学受験 FAMILY HISTORY 中学受験 FAMILY HISTORY

高山裕子さん

大和くん

※掲載しているお名前は仮名です

浅野中学校

他・合格: 栄東

「お母さん、僕は今の学校に行ってよかったよ」息子の言葉に涙

小2から早稲田アカデミーに通い、開成中学を目指していた高山家の大和くん(仮名)。父親の隆俊さん(仮名)の実家は難関校出身者ぞろいの教育熱心な一家。大和くんも、自然とトップ校に入りたいと思うようになりました。塾では開成クラスのうち、筑波大学附属駒場中学(筑駒)も一緒に目指す最難関の「NNTKクラス」に所属。しかし、東大合格率日本一を誇る名門校・開成への道は、決して甘いものではありませんでした。

目次
前編
  • 父親は灘出身。親戚にも多くの名門校出身者
  • 小3で「僕、開成に行く」。始まった受験への戦い
  • 開成クラスではなく筑駒クラスに トップ講師は揃っていたが……
後編
「お母さん、僕は今の学校に行ってよかったよ」息子の言葉に涙
  • 模試では3回に1回が合格点 併願プランに悩む
  • 栄東の東大クラスに合格&「灘ツアー」体験
  • いよいよ開成受験。夜になって失敗に気づき、涙が止まらず……
  • 運命の合格発表。結果は!?
  • 「チャレンジしてこい!」励ましてくれた塾の先生
  • 志望校を必死に目指した経験は一生もの

模試では3回に1回が合格点 併願プランに悩む

開成合格を目指し、受験勉強を続けていた大和くん。塾ではトップ層のクラスに所属していましたが、「開成そっくり模試」の結果は、3回に1回が合格圏という、母親の裕子さん(仮名)の印象では「ギリギリの成績」だったといいます。「12月に入る直前から過去問対策を徹底しはじめて、開成の過去問を過去8年分はやりこみました。過去問の結果も模試と変わらずで『合格には一歩及ばずかもしれないけれど、大逆転はあるかもしれない』そんな立ち位置でした」(裕子さん)


続きは有料会員の方がご覧いただけます

取材・文:親子のための中等教育研究所

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。

高山家の受験 Profile を見る

高山家の受験 Profile

とじる

  • 親子の情報

    高山裕子さん、大和くん

    ※お名前は仮名です

  • 合格・進学した学校

    浅野中学校

  • その他の合格校

    栄東中学校

  • 当時の居住エリア

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 親自身の中学受験経験

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 共働き・片働き

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 世帯年収

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 中学受験でかかった総費用

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 受験した学校数

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試スケジュール
    会員の方のみご覧いただけます。
  • 通っていた中学受験塾

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 通塾開始期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 季節講習の利用開始時期

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 個別・通信・家庭教師の併用

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 塾以外の習い事

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 入試までの成績の変化

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 得意な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

  • 苦手な科目

    会員の方のみご覧いただけます。

高山家の別の記事

小3から開成を目指し一直線 険しいトップ校への道

ほかの家族のHISTORY※掲載しているお名前はすべて仮名です

一覧で見る

卒業生インタビュー あの学校のリアル 卒業生インタビュー あの学校のリアル