中学受験ノウハウ 志望校選び

公立中高一貫校 3つのメリットと合格に必要なこと

2018年4月23日 石井知哉

旧来、中学進学といえば、選択肢は「私立中学校の受験」か「地元の公立中学校に進む」の2つに1つでした。ところが、1999年の法改正によって、「公立中高一貫校への進学」という第3の選択肢が生まれました。以降、高い人気を博している公立中高一貫校ですが、そのメリットと合格するために必要なことについて解説します。

中学校 進学の3つの選択肢

2018年現在、小学校卒業後の進路としては、次の3つがあります。

[1]公立中学校(無試験)
[2]私立中学校(入学試験あり)
[3]公立中高一貫校(適性検査あり)

[1]公立中学校の場合、3年後に高校進学に際して受験を迎えることになります。

[2]私立中学校の場合、恵まれた環境で高いレベルの教育を受けられますが、他方で高額の学費が必要となりますし、塾通いや模擬テスト、参考書や問題集など、入学試験の対策のための費用もかかります。

[3]公立中高一貫校の場合、公立なので学費はかかりませんが、受けられる教育は私立並みのハイレベルなものです。つまり、「私立中レベルの教育」を「公立中並みの費用」で受けられる学校ということになります。

公立中高一貫校のメリット

【1】学費が安い

公立であるため、義務教育に当たる中学校3年間の授業料は無料です。高校3年間は授業料が発生するものの、私立に比べれば大幅に安くすみます。制服や図書費、実験や各種実習の材料費、学用品、修学旅行や遠足にかかる費用は別途必要となりますが、それを加えても、中高6年間の総額で私立の3分の1以下という統計も出ています。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。