中学受験ノウハウ 志望校選び

私立校と公立校の違いとは? 5つの要素で徹底比較!

2018年4月23日 石井知哉

中学受験を考える際は「私立にするか? 公立にするか?」という選択に一度は迷うもの。学費の面で考えれば公立の方が安いのは当然としても、そのほかの面での違いがわからないことには決めようがありません。そこで、今回は私立校と公立校※の違いを詳しく解説していきます。

※本記事の「公立校」は「公立中高一貫校」を指します

学校選びで最も重視すべきは「子供の成長度」

教育は成長を導くためにあるので「この学校で過ごす3年間ないし6年間でどれだけ成長できるか」という視点で考えるべきです。そこで、子供の成長度を左右する、

[1]校風
[2]学習指導
[3]進路指導
[4]課外活動
[5]設備・施設

の5つの要素から、私立校と公立校の違いを見ていきましょう。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。