ネガティブな子どもに保護者はどう接するべき? 後ろ向きな思考や性格を長所に変える

2023年2月24日 みみずく

0

「楽しくない」「できない」など、子どもがネガティブなことを言うと、保護者は不安になります。親心から「子どもをポジティブにしないといけない」と焦るかもしれません。このような状況とどう向き合い、子どもにどう接していけばよいのかを紹介します。

ネガティブな思考や性格は短所ではなく長所?

自信がない、臆病、心配性、悲観的などの思考や性格は短所とされがちです。しかし、これらは裏を返せば長所にもなり得ます。自信がなければ過信しません。臆病ならば慎重になります。心配性で悲観的なのは、リスクや最悪の状況を想定できるからです。

特に勉強では、「これで完璧!」と思って中途半端に終わらせるのではなく、「まだ足りない」という気持ちでさらに良い状態を目指すことが求められます。このような向上心が、ネガティブな思考や性格に起因することも少なくありません。

ネガティブな子どもが正しい手順で勉強に取り組めば、成績が伸びることも十分に期待できます

ネガティブな子どもへの接し方5選

ネガティブな子どもが中学受験で結果を出せるかどうかは保護者の接し方次第です。

1. ネガティブ発言を否定しない

子どもが「勉強がつまらない」などと言っても、保護者はそのネガティブ発言を否定しないようにしましょう。保護者が感情的にならずに「そうなんだ」と話を聞いてあげると、子どもは自分の気持ちを吐き出して、すっきりした後に勉強に向かうことがあります。

子どもが「塾の先生を殴りたい」のような物騒なことを口にしても、実際に行動に移さないなら、保護者はやんわり注意するだけで十分です。ただし、子どもが他人や自分に危害を加えることを実行しようとしていたら、叱ってでも止めなければなりません。

2. ポジティブさは声がけでなく行動で示す

子どもが「勉強がつまらない」と言うと、保護者は「勉強はこんなに楽しいよ!」と返したくなりがちです。しかし、このように楽しさを強調する言葉は、子どもを追い詰めたりしらけさせたりして、逆効果になることもあります。

保護者はポジティブな声がけをするのではなく、自らポジティブな行動をして、それを子どもに見せるとよいでしょう。たとえば、子どもに勉強の楽しさを伝えたいならば、保護者自らが資格試験に挑戦するなど、子どもの前で勉強するのが効果的です。保護者が楽しそうに勉強していれば、子どもの中にある勉強に対するマイナスイメージは消えていくでしょう。

3. 失敗を責めたり叱ったりしない

ネガティブな子どもに限りませんが、保護者は子どもの失敗を責めたり叱ったりしないようにしましょう。特にネガティブな子どもは人一倍失敗を後悔したり反省したりして、否定的な言葉を強く受け止める傾向があります。保護者はこのことを理解した上で子どもの失敗と向き合う必要があります。

そもそも勉強での失敗は、その後の成功につながる宝物です。保護者は、失敗した子どもを「今回の経験を次に活かせれば大丈夫だよ」などと励ますとよいでしょう。失敗を改善した先に成功があることもしっかり伝えたいところです。

4. できたことをこまめに評価する

ネガティブな子どもは不安心理が強く、常に「これでいいのかな?」と悩みがちです。このような子どもが安心して勉強などに取り組めるように、保護者は子どものできたことをこまめに評価してあげましょう。問題を最後まで解けなかったり、答えを間違っていたりしても、保護者から「ここまではできているね」と過程を評価されれば、子どもはホッとするものです。

逆に、保護者は、子どものできていないところを見つけても、「ここはできていない」と直接指摘するよりも、「ここはこうした方がいいんじゃない?」とアドバイスする方が効果的です。ネガティブな子どもの自信を損なわない言葉選びを工夫しましょう。

5. 子どもの味方であることを伝える

ネガティブな子どもは、他人の顔色をうかがいながら行動することが少なくありません。特に、一番身近な存在である保護者のことをよく観察しています。保護者に嫌われたくないあまり、宿題で答えを写して正解にするなどの不正を行うこともあります。

こうした問題が生じないようにするためにも、保護者はどんな状況でも子どもの味方であり続けることを常に伝え続けましょう。家庭内が安心できる環境ならば、子どもは保護者に本音を話してくれますし、失敗を恐れたりごまかしたりしなくなります。

ネガティブな子どもの可能性は無限大

保護者が子どもの可能性を信じて長期的な視点で接することで、子どものネガティブな思考や性格は短所ではなく長所となり得ます。ネガティブな子どもを無理にポジティブに変えようとするのではなく、そのネガティブさを上手くコントロールする方法を教えてあげることが大切です。

※記事の内容は執筆時点のものです

0
この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/