おーし! 5ヶ月(ここからかなりのことができる)|桜井信一コラム「下剋上受験」

専門家・プロ
2015年9月01日 桜井信一

桜井信一ブログ『父娘の記念受験』で過去に掲載されていた記事から、一部を編集して掲載しています。この記事の内容は 書かれたものです。

【本日のテーマ】
おーし! 5ヶ月

我が家が受験勉強をスタートしてちょうど1年経ったとき、「もう1年も過ぎたかあ。全然進んでないなあ」という話をしました。

ようやくこの頃は、「こういうことしないといけないね。ああいうこともしないとね」とはっきりしてきた。

ここから5ヶ月、やることさえ整理すればかなりのことができるはずです。

その数日後、9月のサピックスオープンに打ちのめされました。それでももう折れてる暇なんてなかった。あまりにも受験が近すぎて。近いのにかなりのことができるという不思議。

昨年の今頃、「もう間に合わない」と言ってた読者の方に、「うちも今からが勝負でした」なんてメールをすると、5ヶ月後嬉しい報告が届きました。

前向きに取り組む5ヶ月と、あきらめ気味に取り組む5ヶ月は全然違って当然。

張り切っていきましょう! はりきって!

「おーし! 5ヶ月」とよくわからない気合いを日記に残していた私。

たぶん、前向きになろうと無理していたのかも。

関西は4ヶ月半。
馬渕教室さんもかなり緊迫してきた模様。何だか忙しそうなのです。

ここからは無駄にできない5ヶ月(関西は4ヶ月半)。

まずは体調。

寝込んでしまうことがないようにがんばってほしいものです。

秋に運動会が予定されている皆さん。
帰宅したらヘトヘトになっているお子さんを、ちょっと休憩させてあげてください。

うちは30分ねたかな。

2015.9.1 am 8:00

桜井信一

※記事の内容は執筆時点のものです

桜井信一
この記事の著者
桜井信一 専門家・プロ

オンライン塾「下剋上受験塾」主宰。中卒の両親のもとで育ち、自らも中卒になる。 娘の下剋上のために一念発起して小5の勉強からやり直す。塾には行かず、父娘の二人三脚で偏差値を41から70に上げ、100%不可能とされた最難関中学「桜蔭学園」を目指した。その壮絶な受験記録を綴った『下剋上受験』はベストセラーに。 2017年1月には待望のドラマ化。学習講座「桜井算数教室」「国語読解記述講座」にはのべ2000人の親子が参加し人気を博した。2020年、オンラインの「下剋上受験塾」を立ち上げた。

[関連]

父娘の記念受験(公式ブログ)
下剋上受験塾