中学受験ノウハウ 塾選び

【中学受験】塾選びで確認したい設備とサービス

2019年4月04日 稲石加奈

中学受験の塾選びでは、授業の質や合格実績のほかにもチェックしておきたいポイントがあります。この記事では、塾選びの際に注目すべき、設備とサービスについて紹介します

[塾選び]設備で確認したい点

設備面では次の点を確認しておけるとよいでしょう。

自習室を毎日利用できるか

集団塾、個別指導塾を問わず、多くの塾では自習室が用意されています。自習室が勉強しやすい環境かどうかは、塾生にとって重要です。

勉強に集中するために図書館で勉強するという子がいますが、塾の自習室で勉強したほうが効果的に勉強を進められます。塾の自習室には講師が待機していて、わからないことがあったときに質問できるからです。

加えて、講師の目が行き届いている自習室であれば、よそ見をせず勉強に集中するしかないため、時間の無駄がありません。塾のある日以外も毎日通えれば、学習習慣が定着します。自習室を確認する際は、広さ、パーテーションの有無、予約がいるのかどうかなどを確認しておくとよいでしょう。

教室以外の食事スペースの有無

受験が近づいてくると、居残り勉強をする時間が長くなり、塾内で食事をとる機会も増えます。なかには勉強机でそのまま食事をとらせる塾もありますが、なかなかリラックスして食べるのは難しいです。

そうした塾では、食事中も私語禁止なところが多く、ひと息入れられないケースも珍しくありません。談話室を兼ねた食事コーナーのある塾のほうが、気持ちを切り替えることができます。

資料コーナーが充実しているか

受験情報誌や各学校のパンフレットを多数置いている塾であれば、志望校選びの参考になります。過去問の貸し出しを行っている塾も少なくありません。

[塾選び]サービスで確認したい点

保護者向けに便利なサービスを提供している塾があります。代表的なものは以下のとおりです。

入退室の通知サービス

多くの塾で導入されているのが、入退の時刻を保護者にメール通知してくれるシステムです。子供がいつ塾に到着したのか、いつ出たのかがわかります。同様に、子供の安全確保の観点から塾の構造上、受付前を通らなければ入室できないようにし、不審者対策をしている塾もあります。

質問や相談へのWeb対応

子供が塾に通うようになると、親としてはどこまで勉強が進んだのか、気になります。

一般的に、塾から保護者への報告は「保護者面談時にまとめて報告」「報告書を毎回提出する」「送迎時に講師が口頭報告する」といった対応です。しかし、最近は勉強の進捗をWebで確認できるようにしている塾もあります。

また、保護者からの相談を24時間Webで受け付け、対応している塾もあります。

・教室長に電話をかけるほどでもない相談がある
・相談したいが、口頭だとうまく伝えられない
・塾の開いている時間内に電話できない

こういった保護者、とくに夫婦共働きの家庭には利便性の高いサービスでしょう。保護者向けだけでなく、生徒からの学習の悩みや勉強に関する質問をWebで受け付けている塾もあります。

設備やサービスの確認も忘れずに

塾を選ぶ際は、授業内容や合格実績のほかに、設備・サービスもよく見ておきましょう。わからないことがあれば、説明会や電話で質問を投げかけてみてください。

実際に子供が通い出してから「自習室がイマイチ」「セキュリティが不安」などと不満を訴えても塾側はすぐに改善できないことが多いです。実際に通うことを想定して、入塾を決めるようにしましょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい