学習 算数

二等辺三角形の面積をどうやって求めるの? 考え方のコツは三角定規に着目すること

2018年8月31日 みみずく

中学受験算数の平面図形分野では、二等辺三角形の面積を求める問題が出題されます。一見すると難しそうな問題ですが、考え方にはコツがあるので、それをわかっていれば簡単です。今回は、このコツについて詳しく解説します。

直角二等辺三角形に着目しよう

小学生は、中学数学で学ぶ三平方の定理を知りません。そのため、これから紹介する2種類の三角形に着目して、二等辺三角形の面積を求めることになります。

2種類の三角形のうち1つめは、直角二等辺三角形です。直角二等辺三角形は、2つの角度の大きさが45度になります。

また、正方形を四等分してできる三角形でもあります。

次の直角二等辺三角形の面積をそれぞれ求めましょう。

左側の直角二等辺三角形は、長さが10cmの二辺が底辺と高さになります。したがって、「面積=底辺×高さ÷2」の公式を使って、面積は10×10÷2=50(cm2)です。

一方、右側の直角二等辺三角形は一辺の長さしかわかりません。

しかし、ここで諦めてはいけません。10cmの辺を底辺としたとき、高さとなる補助線を図に書き込めばいいからです。

実際に補助線を書き込むと、もとの直角三角形が二等分されて、新しくできた三角形も直角二等辺三角形だとわかります。

これで高さの5cmを求められたので、面積公式に当てはめて10×5÷2=25(cm2)です。

正三角形を二等分した三角形に着目しよう

直角二等辺三角形は、2つセットの三角定規のうちの1つです。そして、もう1つの三角定規もまた、直角三角形の面積を求めるのに大活躍します。ところで、そのもう1つの三角定規がどんな三角形か説明できますか?


続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/