学習 国語

【中学受験 国語】記述の採点はどうすればいい?家庭で気をつけるポイント

2022年5月22日 ハルカ

家庭で国語の記述を練習するときに、難しいのは採点です。

「お母さんが採点のやり方がわからないって言う」「お父さんの採点はバツばかり」という言葉を、塾講師時代に生徒から聞いたことも少なくありません。

理想は子供のやる気を育てつつ、点数につながる採点ができること。家庭でも簡単に採点ができるように、気をつけるポイントをまとめました。

記述採点の基本

記述問題の模範解答は、あくまで「模範」です。たとえ国語の講師であっても、模範解答通りに書ける人はほぼいません。

表現の仕方も人それぞれですから、模範解答と違ってもマルになる解答はたくさんあります。

そのため記述の採点で見るのは、細かい表現よりも、書くべきポイントに触れているかどうかです。

たとえば、「理由になる事がら」や「気持ちの方向」などが合っているかを見ます。模範解答が「心配」となっているのに解答に「嬉しい」と書いていたら減点ですが、「不安」ならほぼ同じ意味なので減点はしません。

本文の内容に沿っていて、模範解答と内容が変わらなければ、少し余分なものが書かれていてもマルにします。「心配」を「とても心配」と書いていてもOKということです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com