学習 理科

【中学入試理科】とっても覚えにくい消化液……。3つのポイントで体系的におさえよう

2021年7月12日 ゆずぱ

中学入試理科の人体分野では、消化器や循環器、骨格などが主に出題されます。そして、そのなかでもダントツで覚えることが多いのは「消化液」。ちょっと馴染みの薄いカタカナ用語も登場するため、やみくもにテキストを眺めていても知識が定着しない厄介な単元です。そこで、次のような手順を踏んで覚えていくのがおすすめです。

「消化液」を覚える手順

  1. まずは消化液の3つのポイントをおさえる
  2. 消化液ごとの特徴を暗唱して覚える

消化液の3つのポイントをおさえる

消化液については、まずは次の3つのポイントをおさえましょう。

消化液のポイント

  • どこで作られるか?
  • どんな消化酵素が含まれるか?
  • どの栄養素に作用するか?

ポイント[1]消化液が作られる場所

まずは「消化液が体のどこで作られるか?」について解説します。そもそも体のなかには、消化液が作られる“工場”がいくつもあります。


だ液・胃液・腸液は、それぞれ口・胃・小腸にある「せん」というところで作られています。一方で胆液とすい液は、胃と小腸のあいだの通り道「十二指腸」の近くにある肝臓や、すい臓という臓器で作られています。ちなみに「胆のう」は、胆液を作る場所ではなく、貯めておく場所です。間違えやすいので注意してくださいね。

ポイント[2]消化液に含まれる酵素

次に、「消化液に含まれる消化酵素は何か?」という点をおさえましょう。しかし、これがとても覚えにくいんです……。

※上記は主な消化酵素

まずは、「アミラーゼ」と「マルターゼ」がどの消化液に含まれるかをおさえます。次は「◯◯◯シン」シリーズ。「ペプシン」「トリプシン」「エレプシン」ですね。最後は「リパーゼ」が、すい液と腸液に含まれることをおさえましょう。これらは非常に覚えにくいのですが、上の図のように「シリーズ化」しつつ、さらに色をつけて位置をイメージできるようにすると覚えやすいですよ。

ポイント[3]消化液が分解する栄養素

最後のポイントは「消化液がどの栄養素を分解するか?」についてです。

上の図をよく見ると、先ほど「ポイント2」で紹介した消化酵素と対応していることがわかりますね。たとえば「アミラーゼ」と「マルターゼ」が含まれるだ液・すい液・腸液は炭水化物を分解します。そして「◯◯◯シン」シリーズが含まれる胃液・すい液・腸液はタンパク質を分解。「リパーゼ」が含まれるすい液・腸液では脂肪を分解しています。

消化液ごとの特徴を暗唱して覚える

消化液のポイントをおさえたら、今度は消化液ごとの特徴をまとめていきます。そのうえで、可能であれば特徴を暗唱して覚えていきましょう。こうすることで、暗記したことをすぐに引き出せるようになりますよ。

5つの消化液
だ液、胃液、胆液、すい液、腸液

※以降の図で示す「消化酵素」は主なものを紹介

消化液[1]だ液

だ液の主な特徴は、次の3つです。

口のなかには大きな「だ液せん」が3つありますが、実はそれ以外にも小さな「だ液せん」が無数に存在しています。そしてなんと、1日に1L以上のだ液が作られているんです。

消化液[2]胃液

次は胃液です。胃液の3つの特徴はわかりますか?

胃液はとてつもなく強い酸性です。たとえば胃液をビーカーに入れ、そこに鉄を入れると溶けてしまうほど。それだけ強い酸性により、食べ物に含まれる菌を殺菌しているんですね。一方で、胃の内側の壁は「粘液」で覆われています。そもそも胃液は強い酸性のため、直接触れると危ない液体。でもこの粘液によって、胃は自分自身を守っているんです。とても不思議で、興味深い現象ですよね。

消化液[3]胆液

3つ目の消化液は、胆液です。別名「胆汁(たんじゅう)」と言います。その特徴は次のとおりです。

胆液は、5つの消化液のなかでもちょっと変わった特徴を持ちます。特に「肝臓で作られて胆のうに貯められている」という点がほかの消化液にはない特徴です。ちなみに胆のうの「のう」は、袋という意味。つまり胆のうは、胆液を貯めておく袋のようなものですね。そして胆液のもうひとつの特徴が「消化酵素が含まれていない」ということ。そのため栄養素は分解しませんが、脂肪の分解を助ける働きを持ちます。

消化液[4]すい液

次は、すい液です。すい液は“オールマイティ”な消化液です。

すい液の特徴は、何といっても三大栄養素すべてに作用するという性質を持つということ。そして、すい液が作られる“工場”の場所もしっかりと理解しておきましょう。胃と小腸のあいだの通路を「十二指腸」と言いますが、すい液はその十二指腸につながっているすい臓で作られています。

消化液[5]腸液

最後は、腸液です。腸液は最後の“仕上げ”となる消化液です。

腸液は、口から始まって肛門に至るまでの長い長い消化管のなかの最後の関門。腸液も、すい液と同じく三大栄養素すべてに作用する消化液として知られます。栄養素を体に吸収するための“最終確認”、というイメージを持てると良いですね。

まとめ

理科の人体分野のなかでも、覚えることがダントツで多い「消化液」についてまとめてみました。ふだんの生活のなかではちょっと馴染みの薄い分野ですが、次のような手順で体系的におさえていくことで、すっきりと理解していきましょう。

「消化液」を覚える手順

  1. まずは消化液の3つのポイントをおさえる
  2. 消化液ごとの特徴を暗唱して覚える

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者

小学生の息子と娘をもつ2児の父親。外資系IT企業でシステムエンジニアの仕事をしながら、2人の子供の中学受験を経験。親としての受験活動のなかでの気づきや実践している工夫に加え、自らの失敗談からの役に立つ情報をブログでも発信しています。

中学受験ブログ「かるび勉強部屋」
http://yuzupa.com/