中学受験ノウハウ 志望校選び 学習

偏差値60以上の受験って? 難関校の国語の特徴も解説

2022年5月03日 ハルカ

偏差値とは、受験者全員の得点分布から算出したものです。そして「偏差値60」は全体の上位約16%。あくまで参考ですが、偏差値60前後になると、芝中学校や本郷中学校、東洋英和女学院中等部などの入学が見えてきます。

偏差値60を超える学校は、第一志望としてだけではなく、御三家レベルの併願校として、また偏差値50台の子のチャレンジ校としての受験も多いため、競争が一段と激しくなります。

今回は、偏差値60以上の中学受験をテーマに、難関校の国語の問題の特徴についてもお伝えします。受験イメージと、目標設定にお役立てください。

偏差値60以上の子は入れ替えが少ない

「偏差値60は上位16%」と聞くと、自分には無理だ……と諦めてしまう子もいるでしょう。しかし、たとえば6クラスの塾で考えると、最上位クラスに在籍している生徒は約16%ということになります。最上位コースと考えれば、努力次第で狙えるところと考えられるのではないでしょうか。「偏差値60=上位16%」と聞いて、焦ったり悲観的になったりする必要はないということです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com