連載 しあわせな中学受験

家庭で思考力を育むには?「探究」と「脱・ワンワード」の会話が近道|しあわせな中学受験にするために知っておきたいこと

専門家・プロ
2019年11月05日 中曽根陽子

前回のコラムで書いたように、2020年度から大学入試が変わるのを皮切りに、学校教育も知識をインプットするものから「思考力・判断力・表現力」を育てる方向にシフトするといわれています。今後は学校の授業はもちろん、入試でも「考える力」や「自分の言葉で表現する力」が求められるようになります。では、そのような力を育むために、家庭でどんなことができるのでしょうか。

おうちでできる「探究」

新しい教育のキーワードとして注目されているのが「探究」です。探究とは、「物事の意義・本質などをさぐって見きわめようとすること。深くさぐりきわめること」と辞書にかいてあります。超・ざっくりいうと、考え抜くということですね。

最近は探究型の塾も増えています。子どもたちの好奇心を刺激するさまざまなテーマで、考える力を伸ばすという塾が増えてきました。もちろんこうした塾は魅力的です。しかし塾でなくても、日常生活に探究する機会はたくさんあります。家庭でも工夫をすれば、子どもの考える力を育むことができるのです。

ポイントは子どもが「なんだろう?」と思ったときに、その疑問をスルーしないこと。そして、わからないことがあれば親も知ったかぶりをせず、子どもと一緒に興味を持って調べてみることです。あるいは、親が好きなことを一生懸命して、そこに子どもを巻き込むのもよいでしょう。いろいろな発見があるはずです。考える力のはじめの一歩は、好奇心。そんな視点をぜひ日常にとりいれて、お子さんの興味を開発してみてほしいと思います。

「脱・ワンワード」の会話で自分の言葉で表現する力を育てる

では、自分の言葉で表現する力はどのように育てればいいでしょうか。私が主催しているマザークエストでは、以前親子で「脱・ワンワード」で話す取り組みをしました。

脱・ワンワードとは、単語ではなく文章で話すトライです。例えば「水!」と子どもが言ったら「お母さんは水ではありません」と返し、水が欲しければ「お水をいれてください」と言い直しもらうというもの。親子で脱・ワンワードの宣言をしてから、1週間取り組みました。その結果、「親のほうが単語の連発をしていたことに気づいた」という人が多かったのです。これにはお母さんもたちも驚いていました。

丁寧に話すことで親子関係もよくなる

さらに意外なことに、子どもからは「お母さんが話をきいてくれるようになったから、よかった」という感想が多かったのです。脱・ワンワードは、「子どもの話を聞きましょう」というトライではないのになぜでしょう。おそらく、文章で話すことで指示命令が減り、会話が増えたからではないでしょうか。これは、とっても大きな変化だと私は思っています。子どもにとって「親が自分のことを受け止めてくれた」と感じられるのは安心です。脱・ワンワードは考える力・表現する力を育むことにつながりますし、親子の信頼関係を深めることにもつながると考えています。

文章で話すと頭がよくなる!?

今盛んに「思考力」といわれていますが、そもそも思考の基礎は言語です。人間がほかの動物と決定的に違うのは、言葉を持ったこと。しかも、文章で話すようになったからです。実際、脳科学の進化により、言葉と神経細胞(ニューロン)の発達には関係があることがわかったそうです。神経細胞が太くなれば一度にたくさんの情報を伝達することができます。頭がよくなると言い換えてもよいかもしれません。ということは、頭のいい子に育てたかったら、文章で話す機会を増やすのが近道なのかもしれません。みなさんも脱・ワンワードの会話にトライしてみませんか。


これまでの記事はこちら『しあわせな中学受験にするために知っておきたいこと

※記事の内容は執筆時点のものです

中曽根陽子
この記事の著者
中曽根陽子 専門家・プロ

教育ジャーナリスト。小学館を出産のため退職後、「お母さんと子供達の笑顔のために」をコンセプトに数多くの本をプロデュース。子育て中の女性の視点を捉えた企画に定評がある。教育雑誌から経済誌、紙媒体からWeb連載まで幅広く執筆。中学受験に関しては「受験を親子の成長の機会に」という願いを込めて『1歩先行く中学受験 成功したいなら「失敗力」を育てなさい』『後悔しない中学受験』(共に晶文社)『子どもがバケる学校を探せ』(ダイヤモンド社)などを執筆。教育現場への豊富な取材や海外の教育視察を元に、講演活動やワークショップもおこなっており、母親自身が新しい時代をデザインする力を育てる学びの場「Mother Quest 」も主宰している。

1歩先行く中学受験 成功したいなら「失敗力」を育てなさい

公式サイト:http://www.waiwainet.com/

合わせて読みたい