学習 算数

何通りあるかを計算で求めよう! 「場合の数」が苦手な小学生のための公式の使い方

2018年7月13日 みみずく

ある事柄が起こる場合を全て数え上げて、「何通りあるか?」を求めるのが「場合の数」です。全ての場合を書いて数えれば正解は出るはずですが、地道に数えていると抜け漏れが生じてしまうこともありますし、時間的に全ての場合を数え上げるのが難しい設問になっていることもあります。こうした設問に対応するためには、場合の数を計算で解く方法を知っておくといいでしょう。今回は、小学生でも理解できる「場合の数の計算方法」を紹介します。

順列の公式Pはどういう意味?

場合の数の問題は、並び順を考える「順列」と、並び順を考えない「組合せ」に大きく分かれます。まずは、次の問題を考えてみましょう。

1、2、3、4、5の書かれた5枚のカードから2枚を取り出して2桁の整数を作ります。全部で何通りの整数ができますか。

たとえば、「1」と「2」という2つのカードを並べたとき、12と21は別の整数になるので、並び順を考えなければならない「順列」の問題だとわかります。小学校の算数の授業では、順列の問題は樹形図(全ての場合を枝分かれで表した図)を描いて数え上げます。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/