学習 国語

【国語】中学入試で使える自由記述の型と書き方

2019年12月17日 ハルカ

国語で、自由記述問題を出題する学校は多くはありません。しかし一部の学校では毎年のように出題されるため、志望校によっては対策が必要です。自由記述をはじめて見た子は「何を書けばいいかわからない」とかたまってしまいがち。求められるのは「伝わる文」です。型を上手に使い、わかりやすい文が書けるように練習しましょう。

自由記述とは

自由記述とは「あるテーマについてあなたはどう思いますか」という問題です。多くは読解文のテーマや本文中の問いかけなどに絡めて出題されます。本文をしっかり読みこまないと書けない問題もあり、読解力と記述力が問われます。

出題はだいたい全問題の一番最後で、短いものは50字程度、長いものだと200字程度記述します。時間に追われることも多いので、あまり悩まずに書き始められるように準備しておきたいですね。

型に沿って書こう

自由記述にもいろいろなパターンがありますが、多くの問題は型に沿って書くと、良い文が速く書けます。入試では時間が限られているため、じっくり練った個性的な文を書く余裕はありません。最後まで意見を書ききるため、まずは速く書くための型を身につけてみてください。

自由記述の型は3ステップ。最初に結論を提示するのがポイントです。

【1】結論

まずは結論を書きます。「この結論に向かって書き進めていく」と最初に決めておくことで、文章の軸がブレにくくなります。

結論は、エッジの効いた独創的な答えでも、ごくごくありふれた一般的な内容でも構いません。自由記述で問われるのは、思想ではなく「論理的説明力」です。内容をしっかり伝えることが大事なので、読みやすくわかりやすい文を目指しましょう。

【2】理由や根拠

次に、結論にいたる理由や根拠を細かく丁寧に説明します。実例や想定場面を挙げるのも良いですね。

自由記述の文字数は、この「理由や根拠」のパートで調整します。理由を一文加えると20~30字ほど増えます。理由を増やしたり細かく説明したりすれば文字数も伸びるので、文字数の条件をしっかり読んで何を書くか考えましょう。

【3】結論

最後に、はじめに書いた結論と同じ結論をもう一度書きます。もちろんまったく同じ文である必要はありません。簡潔にまとめたほうがスッキリして読みやすいです。最後の結論まで書きあげたら全体を通して読み、内容がブレていないかどうか確認して完成です。

自由記述の例題と解答例

自由記述の例題と解答例を紹介します。入試当日までに目指す文章の参考にしてみてください。

【例題】
破線部「将来は新聞がなくなることだってありうる」に関して。インターネット社会の発展で、紙の新聞はなくなると思うか。あなたの考えを120字程度で書きなさい。

【解答例】
(結論)私はインターネット社会が発展しても紙の新聞はなくならないと思う。(理由や根拠)なぜならインターネットは便利だけど全員が使えるわけではないし、電気が止まれば使えなくなるという欠点があるからだ。(結論)だからインターネットの発展で発行部数は減少するが、紙の新聞はなくならないと思う。

※【解答例】内の「結論」「理由や根拠」「結論」は、構成をわかりやすくするために記載したものです。入試本番では書く必要はありません

自由記述の疑問

わたしが塾講師を務めていたときに生徒から質問の多かった、自由記述に関する疑問に答えます。

[質問1]どうしたら時間内に良い内容を考えられますか?

そもそも人とは違う文を書こうとすると、論理的に破綻したり、非現実的な意見になったりするリスクが高まります。たとえ内容が一般的でありきたりなものでも、意見や主張が盛り込めれば大丈夫です。自由記述では考えを採点されるのではなく、あくまで記述力や論理的思考力が問われます。入試では「問題を正確に理解し、わかりやすく答えること」を重視しましょう。

[質問2]体験が思いつかないときはどうすればいいですか?

「自分の体験を交えて」という出題に対して、相応しい体験を思いつけないこともあります。本来なら問題文の通り自分の体験を交えて書くべきですが、入試では時間が限られています。じっくり思い出そうとしているうちに時間がなくなってしまうのはもったいないので、少し脚色を加えるというのもひとつのテクニックです。

たとえば「本当はやりたくなかったのに、人にすすめられたからやってみた経験を書きなさい」という問題の場合、あてはまる体験をすぐに思い出すのは難しいでしょう。

この場合、「人にすすめられたからやってみた」経験を思い出し、「本当はやりたくなかった」エピソードは脚色を入れてでも加えていくという方法ならぐっと書きやすくなります。問題文に100%ぴったり合う体験が見つからないなら、一部合う体験を使って書いていくという方法です。

自由記述は何から書くべきか悩んで書き始められないことも多いものです。何度かじっくり取り組めば慣れて取っかかりやすくなるので、繰り返して感覚をつかみましょう。

まとめ

国語が得意な子でも、はじめての自由記述は手も足も出ないことがあります。大切なのは「慣れ」です。問題によって書きやすさは変わりますが、どんな問題でもある程度の文章がさらっと書けるよう、何度も練習してみてくださいね。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい