中学受験ノウハウ 習慣づけ

鉛筆の持ち方をチェックしよう! イスに座るときの正しい姿勢も解説

2022年1月01日 石井知哉

鉛筆の持ち方とイスの座り方は、中学受験生の成績にも影響してきます。その理由と、鉛筆の正しい持ち方、イスの座り方をお伝えします。

鉛筆の持ち方が悪いと得点に差が生まれる

まず鉛筆の持ち方について見ていきましょう。

鉛筆の持ち方はなぜ重要か?

鉛筆の先を効率よく動かせば、速く正確に文字を書けます。一方で鉛筆の持ち方が悪いと、次のような点で不利です。

●字が崩れたり、文字の間隔が詰まったりして読みにくくなる(書いた本人も見間違えてしまう)
●書くスピードが落ちる
●指や手首に余計な負担がかかって疲れやすくなる

以上の点から、特に制限時間内にたくさんの文字を書く試験では、鉛筆の持ち方次第で得点の差が生まれるのです。

鉛筆の持ち方をチェック

鉛筆を正しい持ち方で持てているか、以下のチェックポイントで確認してみましょう。

■鉛筆の持ち方チェックポイント
□ 親指:鉛筆の横にそえて、軽く曲げる
□ 人差し指:親指に触れずに鉛筆の上に乗せ、親指と高さをそろえる
□ 中指:鉛筆を下から支え、軽く曲げる
□ 薬指:中指と小指に触れるようにして、軽く曲げる
□ 小指:紙に乗せて、軽く曲げる
□ 掌・手首:余計な力が入っていない

鉛筆を使うときは、親指、人差し指、中指の3本指を使うと動かしやすくなります。「つまむように持つ」のがポイントです。

正しい鉛筆の持ち方

早めに直したい鉛筆の持ち方

下記にあてはまる持ち方をしている場合は、早めに直したいところです。

 

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。