連載 中学受験との向き合い方

家族で過ごす自宅時間の楽しみ方 ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2020年6月03日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

緊急事態宣言が解除され、子供たちも親御さんも、少しずつ外に出る時間が増えてきました。一時期と比べ感染者数は少なくなってきていますが、今後増える事態となれば、家族みんなで再び「おうち時間」を過ごす日々がやってくるかもしれません。コロナ禍のひと山を超えた今、どのように「おうち時間」を過ごせばいいか。今回は、中学受験をする家庭に限定せず考えてみようと思います。

誰かと気分転換をするということ

苦労や我慢が多い生活のなかで、ぜひ意識してほしいのが分別思考です。この場合は「してもいいこと」と「してはいけないこと」の2つを分別、すなわち線引きすることです。この分別で不要なストレスを軽減することができるはずです。まずは、家族でできる気分転換について考えてみましょう。

社会性を伴う気分転換

報道番組では「ソーシャル・ディスタンスを保ちましょう」と伝えられています。その意味するところは、「相手との距離を2m以上とる」というものです。しかし元来、ソーシャルという言葉には「社会的」「社交的」「交際上手」という意味合いも含まれています。それが「無分別」に使われているのではないかと私は心配しています。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。「一家にひとり、一課にひとりのコミュニティ・カウンセラー」を育てることを目標としている。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。