連載 入試直前どうしてたの?

[連載]中学入試直前どうしてた?/塾の自習室を徹底活用。生活面は「いつも通り」を意識/聖光学院中高卒 東京大学Eさん


難関中に合格、そして現在難関大学に通う「受験マスター」の大学生に、中学受験当時、小6秋から入試本番までの直前の勉強対策や行動について教えてもらいました。

今回話を訊いたのは聖光学院中学校・高等学校(以下、聖光)の卒業生で、東京大学 教養学部4年のEさん。入試直前も普段通りの生活を心がけ、「リラックスできていた」と語るEさんはどのような直前期を過ごしていたのでしょうか。

聖光学院中高卒 東京大学Eさん

受験校と合否

<2月入試>

  • 第一志望校(チャレンジ):聖光学院 ⇒ 合格・進学
  • 第二志望校(実力相応):早稲田 ⇒ 合格
  • 第三志望校(実力相応):浅野 ⇒ 合格

<1月入試>

  • 土佐塾(安全圏) ⇒ 合格

親の意思ではなく、自分の意思で「聖光に入りたい」という気持ちが強かったです。文化祭で学校や生徒の雰囲気を見て、「どうしても行きたい」と言い続けていました。

Eさんが通っていた塾はどんな塾だったのでしょう?

個人経営の少人数の塾でした。使っていたのは四谷大塚のテキストです。小規模塾で、生徒一人ひとり細かく面倒をみてくれていたのが、有り難かったですね。先生と生徒の距離が近かったです。質問しやすい雰囲気がありました。

直前期はどのような教材を使って勉強していましたか?

過去問以外だと、4科目は基本的に四谷のテキストと、先生自作のプリントを使って勉強してました。時事問題も四谷のテキストでしたね。過去問を解いてるときに時事問題が出てきたら、都度そのテキストを参照してました。時事問題対策のために、新聞を読み込んだりはしなかったです。今はわかりませんが、当時は志望していた学校で時事問題のウェートが高くなかったので、時事問題で特別な対応はしませんでした。

直前期、1日のスケジュールはどんな感じでしたか?

平日は学校後に塾に行って、塾の授業が終わったら残って自習してました。自分で集中して過去問を解きたい日は、早めに家に帰って勉強です。休日は午前中に過去問、午後は復習と苦手分野の強化に取り組んでいました。塾の授業と居残り自習の時間は大事な時間でしたね。

過去問はいつごろから何年分やりましたか?

夏休みの終わりから志望校3校のものを7~10年分ほど解きました。直近2年分は残しておいて、それ以外を遡って解いてました。やるときは部屋にこもって集中です。タイマーを使って、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら