中学受験ノウハウ 勉強法

考えることが苦手を克服しよう! 思考をスムーズにする情報整理のコツ5選

2022年7月25日 みみずく

中学受験生の保護者は「うちの子は考えることが苦手だ」とよく悩みます。少し難しい問題や応用力を試す問題を子供がすぐに投げ出すのを何度も見ているからです。このような子供はどのようにして考えればよいのかを知らない可能性があります。今回は、思考をスムーズにする情報整理のコツをお伝えします。

「考える」とはどういうこと?

「考えることが苦手」と悩む前に、「考える」という言葉を定義することが大切です。

「考える=思い出す」ではない

知識問題で「考えればわかる」と言って何分も粘る受験生がいます。このときの「考える」は「思い出す」という意味でしょう。しかし、そもそも「考える≠思い出す」なので、知識問題でどんなに粘っても、考えていることにはなりません。逆に、諦めが早い子だからといって、考えるのが苦手であるとも限りません

知らないことを閃くのは難しい

多くの受験生は「考える=閃く」と思い込んでいます。しかも、その「閃く」が「知らないことを閃く」だとかなりハードルが高くなります。しかし、一般的に求められる「考える」とは、知らないことを閃くのではなく、知っていることを組み合わせるか、与えられた情報から答えを導くかのどちらかです。閃かないからといって、考えることが苦手というわけではありません

思考をスムーズにする情報整理のコツ5選

「考える」を「知っていることを組み合わせる」または「与えられた情報から答えを導く」としたとき、これらをスムーズに行うには、事前に情報整理する必要があります。この情報整理にはコツがあります。

1. 与えられた情報を素直に受け入れる

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/