[読者質問に回答]親子でどの程度、受験について対話する必要があるのか?

中学受験保護者のための1day 1hack 中学受験保護者のための1day 1hack

移動時間、お昼休み、ホッとひと息をついたスキマの時間に。読者からの質問を中心に、お子さまの中学受験をサポートするための、ちょっとしたメソッドを、教育・受験指導専門家の西村創さんが音声&ミニコラムでお伝えします。

音声再生&ミニコラムの閲覧には有料会員登録(初回30日間無料)とログインが必要です

有料会員サービスの内容はこちら

2022年09月18日

[読者質問に回答]親子でどの程度、受験について対話する必要があるのか?

とじる

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

西村です。

先日、つぎのようなご質問をいただきました。

読んでみますね。

■ニックネーム

伸び代しかない

■お子さまの学年

小6

■質問内容

「兄妹でおしゃべりして勉強に集中できない」のご回答、ありがとうございます。

先生の回答にあった「落ち着いて話す時間をとる」ということは、私が目を背け、後回しにしていることだったので、回答を読んで「なぜわかってしまうんだろう」と驚きました。

 

息子は個人塾に通っていて、6年生になってから塾の先生に声をかけてもらい、中学受験を目指すことにしました。

現状の学力とのギャップは、わかっていません

息子に中学受験を提案したところ、「友だちと離れるのがイヤ」とか「ゲームする時間が少なくなるのがイヤ」とのことで前向きではありませんでしたが、いまは塾での時間を増やしています。

塾では、集中して勉強しているようです。

 

私は、

・より切磋琢磨できる場に身をおいてほしい
・小学校の学習は小学校のうちに身につけてほしい
・自分が受けた教育以上の教育を受けてほしい

などの想いから、受験と、そのための準備を息子にすすめています。

ただ、無理にすすめて禍根を残すのもイヤですし、「受験することが絶対に正しい」などとは思ってもいないので、息子がいま、中学受験についてどう思っているかを確認するのに躊躇しています

「本当は受験したくない」
「親が言うから受験する」
「何も考えていない」

という気持ちだったらイヤだな、怖いなという思いがあります。

こういった状況なのですが、親と子でどの程度、受験について向き合う必要があるのでしょう?
向き合った結果、親子で意識の差が露呈して、滞ってしまうことはないのでしょうか?

伸び代しかないさん、いつもご質問いただきありがとうございます!

「親と子でどの程度、受験について向き合う必要があるのでしょう?」ということですよね。

 

ご家庭の教育方針にもよりますが、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱