中学受験ノウハウ 基礎知識

中学受験に受かる子の共通点とは?

2018年8月03日 石井知哉

中学受験生を見ていると、合格・不合格のいずれにも、それぞれの理由があることがわかります。では、合格者にはどんな共通点があるのでしょうか。

「受かる子」に見る7つの共通点

中学受験に受かる子の態度・姿勢、行動や取り組み方などを分析すると、次のような共通点が見えてきます。

【1】素直である
【2】すぐに実行する
【3】継続できる
【4】体力がある
【5】生活習慣が整っている
【6】自己管理ができる
【7】主体性がある

【1】素直である

受かる子は、他者の教えや助言にきちんと耳を傾けて受け入れます。ノートの使い方、途中式の書き方、問題集の使い方、模擬テストの復習の仕方など、塾や家庭教師の先生からのアドバイスはたくさんあります。

しかし、「面倒だから」「自分の好きなようにやりたい」「なんとなく気に入らない」など、他者からの助言を活かせない子は少なくありません。それは、医者さんの指示に従わない、あるいは処方された薬を飲まない患者と同じです。

できる子ほど、言われたことを言われた通りにやってみて、そのやり方を習得しながら、より良い方法を自分なりに編み出していきます。

【2】すぐに実行する

受かる子は「良い方法だ」と思ったら、すぐにそれを実行します。どんなに「良い勉強法」があっても、それを実行に移さなければ、学力は伸びません。どんなノウハウも、実行・継続しなければ意味がありません。

【3】継続できる

受かる子は一度決めたことをやり続けることができます。

どんな勉強方法も、短期間で効果が出ることは滅多にありません。すぐに成果が出ないと投げ出してしまう、あるいは別の方法に飛びつく。そんな姿勢では伸びは期待できません。

【4】体力がある

受かる子は健康状態を維持し、崩れることがありません。長時間机に向かって集中を維持することもできます。勉強するにも体力を消耗するので、体力不足だと勉強の成果も上がりにくいのです。また、体が丈夫でないと、風邪やインフルエンザにかかるなど、頻繁に体調を崩すことになり、入試本番にも影響します。入試は学力を問うものですが、それを支えるのは体力なのです。

【5】生活習慣が整っている

受かる子は日々規則正しい生活を送っています。充分な睡眠とバランス良い食事をきちんと摂る。これが生活リズムを維持するということです。

生活習慣が乱れると、体力の低下にもつながりますし、塾や学校の出欠状況や授業態度、学習効率にも悪影響を及ぼします。

【6】自己管理ができる

受かる子は、自分の身の回りのことをきちんと自分で行えます。

遅刻しないよう5分前行動を徹底する、忘れ物・なくし物がないように整理整頓をする、宿題をきちんとやり遂げる。

そうした「当たり前のことを当たり前に行う」ということができています。自分を甘やかしたり、何もかもを親に手伝ってもらったりする子は、最後に涙を飲むことになります。

【7】主体性がある

受かる子は、「自分のための中学受験」という意識で臨んでいます。

自ら選んだ道なので、「諦めない」「前向き」「ストレス耐性が高い」といったメンタルの強さを持っています。逆に、「気乗りしないけど親に言われて」という姿勢の子は、何かと他人のせいにしたり言い訳をしたりと、自分事としてとらえていません。これが「本番での勝負強さ」に大きく影響し、合否を分けることとなります。

以上見てきた7つの項目に優先順位はありません。どれもが同じく重要です。すべてが備わっていなければ不合格ということではありませんが、多く備わっていればそれだけ合格に近いと考えることができます。「受かる子の共通点」は努力次第で誰もが身につけられるものです。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい