学習 国語

【中学受験】物語文は気持ちが大事! 記述で役立つ頻出パターン5つ

2022年6月11日 ハルカ

物語文の記述で問われることが多い「登場人物の気持ち」。たくさんの問題を解くと、ある程度パターン化されていることに気がつきます。パターンが身につけば解ける問題も多くなるはずです。

この記事では、登場人物の気持ちを考えるうえで役立つ頻出パターンを5つ紹介します。すでにたくさんの記述問題に触れているなら、「見たことある!」というものも多いかもしれませんね。

パターン[1]予想と違っておどろく

自分の予想や一般的に考えられる状況と現実が違っておどろくというパターンです。

たとえば「けんかをした友達と気まずくなったと思ったのに、自然に明るく話しかけてきたのでおどろいた」「いつもはお土産など買ってこない父が、めずらしくケーキを買ってきたのでおどろいた」などです。

どれも「自分の予想と現実が違っておどろいた」という流れです。おどろくときはこのパターンがほとんどなので、登場人物の予想と現実を読みとって順番に書きましょう。

ちなみに「おどろき」のなかでも、「どうすればよいかわからない」という意味が加わると「とまどう」という表現を使うことがあります。あわせて押さえておきましょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com