中学受験ノウハウ 勉強法

確認テストと実力テストの活用法

2019年3月20日 ハルカ

中学受験に向けた塾のテストは、大きく分けると確認テストと実力テストの2種類があります。このふたつは、テストを行う目的も点数が低いときの対処方法も違います。

それぞれのテストの特徴を知って、テストの成果を次の勉強につなげましょう。

「確認テスト」は範囲が決まっている

確認テストの大きな特徴は、出題範囲が決まっていることです。基本的には直近に勉強した内容が範囲になり、勉強した内容を理解できているかどうかを確認します。

範囲があるため、準備した人としていない人で大きく差が出ます。コツコツ真面目に暗記できるタイプが良い成績を出すことが多く、いわゆる地頭やセンスといったものの影響を受けにくいテストです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com