中学受験ノウハウ 通塾の悩み

「塾に行きたくない」子供に言われたときの原因と対処法5パターン

2019年4月14日 ハルカ

「塾に行きたくない」と子供に言われたらどう声をかけますか。塾へ行くように言ってもいいものか、それとも休ませてみるべきか。

結論から言うと、理由を探ることが大切です。理由次第では休むことで事態は好転する可能性もありますし、逆に原因を取り除かなければ何も変わらないままズルズル……ということも考えられます。

子供が突然塾を休みたいという理由で考えられる5パターンとその対処法を解説します。

パターン1)心や体がなんとなく疲れている

学校の勉強や友人関係でなんとなく疲れていると、塾を休みたくなることがあります。塾が嫌なのではなく、どこも行かず家でゆっくりしていたいというだけです。大人だって、ときどきありますよね。

対処法「思い切って休ませてみても」

塾へ行くことでリフレッシュできる可能性もあるため、まずは行かせてみても良いでしょう。行けば楽しいというのはよくあることです。一方で、思い切って休ませることで事態が好転する可能性もあります。子供の表情が優れないようなら休ませて、そのぶん次回からは頑張るというのも良いでしょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com