中学受験ノウハウ 夏休み・夏期講習

夏休みの過ごし方を学年別に解説!国語は塾優先で基礎問題をコツコツ続けよう

2019年6月18日 ハルカ

夏休みは約1ヶ月半と長いため、生活リズムが崩れやすくなります。せっかく身についてきた早起きや家庭学習の習慣をキープするだけでも大変ですよね。

とくに国語は、夏休みで急激なレベルアップをはかろうとするのは禁物です。必要なことをしっかり継続して、基礎学力を固めることを目標にしましょう。

夏休みの勉強は「継続力」がポイント

塾に通っていると、夏休みは夏期講習があります。4年生以降は、お盆を除いて塾に毎日のように通うお子さんも多いでしょう。まずは遅刻せずに、しっかりと通いきることが大事です。

学校の宿題や塾の家庭学習もあるので、家庭での勉強に新しい教材は要りません。すでに持っているテキストを繰り返したり、授業の教材を使ったりするだけで十分です。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com