連載 学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」

親の「言葉がけ」#9 自信家の子どもには失敗したら声をかける|学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」

専門家・プロ
2020年1月28日 松本亘正

子どもに「よい勉強習慣」を身につけさせたい。そのために親ができることとは――。中学受験専門塾 ジーニアス 代表、松本亘正氏の著書『合格する親子のすごい勉強』から、わが子の学ぶ力を伸ばすヒントを紹介します。

子どもが根拠のない自信にあふれているときはどうする?

― Point ―

失敗するのを待って、声をかける

「うちの子はたいしてできないのに、なぜか自信ばかりもっていてちょっと心配です……」

と相談を受けることがあります。

どうしても失敗できない勝負が控えているのならともかく、子どもの自信を抑えるような言葉がけはしないほうがいいでしょう。

結局、根拠のない自信をへし折ってくれるのは第三者であり、挫折した経験だからです。親が左右できるものではありません。挫折する経験がきたときに、体感すればいいのです。

でも、受験を控えていたり、どうにかして改善させたいときにはどうしたらいいでしょうか。

まず、「今日のテストはできた!自信がある!」と子どもが言ってくる場面を待ちましょう。そしてテストの点数が出てきて、案外できていない、前半でミスが多かったなどというときに、自分の失敗を書き出させます。

そして、ひと通り出そろったらこう言うのです。

「自分のなかで『できた』『いける』と思ったときほど、足元をすくわれるものなんだよ。気分が高まっているときこそ失敗に気づかないもの。だから、そう思ったときこそ落ち着いて自分を見つめ直そうね」

指摘するときにもっとも適しているのは、子どもが失敗して、言葉を受け容れやすいときです。そこまで待って、そのときがきたらぜひ言葉をかけてあげてください。

これまでの記事一覧

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者
松本亘正 専門家・プロ

まつもとひろまさ|中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表|ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校。現在は東中野・自由が丘・日吉・芝浦港南など、6校を展開している。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超える。これまでののべ指導人数は2200名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の第一志望校合格率を誇る。中学受験だけでなく、高・大受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。