【中学受験】理科と社会の勉強に活用しよう!小学生にも役立つ「中学生向け映像授業」を紹介

2019年7月23日 伊丹龍義

中学受験の理科と社会の勉強では、「中学生向けの映像授業」を辞書的に活用するのがおすすめです。

今回は、中学受験に役立つ映像授業を2つ紹介します。

中学受験の理科・社会には「中学生向け映像授業」がおすすめ

高校生や中学生向けの映像授業が充実してきている一方で、中学受験をする小学生向けの映像授業は、大手塾が生徒に提供する学習サポート用以外はまだまだ少ないのが現状です。

そこで、中学受験の理科と社会の対策には、「中学生用の映像授業」を使うことをおすすめします。なぜなら、中学受験の理科と社会の内容とレベルが、中学生の「理科・社会の定期テスト対策」とかなり近いからです。

また、理科と社会を勉強するうえで「知らない単語」はよく出てきますが、映像授業であれば「知らない単語」を辞書のように簡単に調べることができます。そして、独学で中学受験の勉強をする家庭はもちろん、塾の授業サポート用としても映像授業は活用できます。

中学受験の理科・社会に役立つ映像授業[1]TryIT(トライイット)

「TryIT」は、家庭教師サービスで有名なトライグループが、中学生と高校生の定期テスト対策用につくった映像授業です。

「TryIT」の特徴は以下の通り。

・4000本以上の授業が無料で視聴可能(質問は有料)
・1授業約15分
・無料アプリでの視聴はもちろん、Youtubeでも視聴可能
・対応テキスト(有料)にはQRコードが付いていて、必要な授業が見つけやすい

「知識ゼロでも学習できるわかりやすさ」という通り、事前知識がない小学生でも学び始めることができます。中学受験の指導もしている先生が授業を担当していることもあり、中学受験に必要な知識が得られる内容になっていることも特徴です。

「大まかな単元のイメージから基本問題の解説まで」を、約15分という短い時間で視聴できるので、問題演習に役立つ知識を簡単に手に入れることもできます。

また、「TryIT」の対応テキスト『TryIT観てわかるシリーズ』(小学館)を併用するのもおすすめです。中1~中3理科、地理、歴史、公民のテキストが販売されています。授業を視聴するまえに問題を解いて、必要な部分の解説だけ見る、という使い方ができますよ。

中学受験の理科・社会に役立つ映像授業[2]学びエイド

「学びエイド」は、中学・高校で学ぶ全範囲を網羅した映像授業です。厳選された講師による25000以上の講座から、自分のレベルにあった授業を選ぶことができます。

「学びエイド」の特徴は以下の通り。

・低価格…1500円/月(税別)、9800円/年(税別)
・25000講座以上が見放題(無料会員の場合は1日3コマまで)
・1授業約5分
・キーワード検索が充実しており、辞書的な使い方がしやすい
・複数の先生が同じ授業を講義しており、好きな先生の授業を見ることができる
・映像授業には先生の顔が出ない(板書をメインに授業が進む)

高校生向けの講座が多いものの、中学生向けの講座も増えてきていています。中学生向けの理科と社会の授業は中学受験にも適した内容で、中学受験に必要な範囲は十分にカバーされています。

使い方はとても簡単。わからないことが出てきたときに、専用アプリやサイトで単元名やキーワードを検索して動画を選ぶだけです。慣れてくれば、専用アプリ・サイトともに子供1人で十分に使いこなせます。

「家庭教師」がとなりに常にいるような感覚で、わからないことをすぐに解決でき、学習を進めていくことができます。

学びエイド  https://www.manabi-aid.jp/

映像授業は、忙しい中学受験生の心強い味方

中学受験用の理科と社会の映像授業は、まだ多くありません。しかし、中学受験の理科と社会の出題内容とレベルは「中学生の定期試験向け映像授業」で扱うものとかなり近く、これを使わない手はありません。

とくに「TryIT」と「学びエイド」は、忙しい中学受験生でも視聴できる短時間の授業が多くておすすめです。勉強が足りない部分だけをサッと調べられる「辞書」としても使うことができます。

家庭学習を効率化できる映像授業を、ぜひ試してみてください。

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者

「イメージできる理科」「自分で語れる算数・数学」を合言葉に、中学、高校受験・中高一貫校サポートを担当。教育格差解消と、学習の効率化のため、廉価に、自分のペースで見られ、電子辞書代わりにも使える映像授業に積極的に参加。学びエイド「中学理科」・家庭教師のトライ「TryIT中学理科」担当。「観てわかる中1理科」(小学館)映像担当。個人として、「たこやきまるめがね」名義で、YouTubeで中学受験算数を中心に映像授業公開中。あわせて思考力育成として、プログラミング・ゲーム・パズルの教育現場での活用に興味津々。クイズ番組等の問題作成・監修多数。

合わせて読みたい