中学受験ノウハウ 過去問 学習

国語の過去問は「質」を重視!結果につながる解き方と分析法

2019年9月04日 ハルカ

夏休みが終わって秋になり、そろそろ国語の過去問を解き始める時期になりました。過去問の数は限られているうえ、入試が近くなるとやることは山積みです。頭も心もいっぱいになってしまう時期なので、できるだけポイントを押さえた勉強で子供の負担を減らしたいですよね。

そこで、塾講師として生徒が過去問を解く姿を見てきた経験をもとに、国語の過去問を解くときに注意したいポイントを紹介します。

第1志望の国語の過去問は、5年分を目標に解く

国語の過去問を解く場合、第1志望は5年分解くことを目標にします。第2志望と第3志望は3年分、それ以降は最低1年分が目安です。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com