イベント/レポート レポート

【レポート】「中学受験しますか? 中学受験やめますか?」。高濱ゼミで保護者参加型ディスカッション

2019年9月10日 中学受験ナビ 編集部

9月5日(木)子育て世代へ向けて教育コンテンツを提供するお茶の水教育カレッジが企画する『高濱ゼミ』が開催されました。

子育てに関するさまざまなテーマのなかから毎回1つのテーマをピックアップし、そのテーマについて、『花まる学習会』代表 高濱正伸氏と参加者がディスカッションする場です。

第3回となる今回は「中学受験しますか? 中学受験やめますか?」というトピックが取り上げられました。

登壇者プロフィール
  • 高濱 正伸(たかはま まさのぶ)
    学習塾「花まる学習会」代表

ゲスト

  • 矢萩 邦彦(やはぎ くにひこ)
    知窓学舎塾長・教養の未来研究所所長・実践教育ジャーナリスト
  • 松島伸浩(まつしま のぶひろ)
    花まるグループ・スクールFC 代表

登壇者の詳細プロフィールはこちら

中学受験しますか? やめますか?

中学受験を考える保護者たちが必ずといっていいほどぶつかる質問が、そのままタイトルになったような本イベント。参加者はわが子の中学受験について悩みを持つ保護者たち。約6:4の比率で女性参加者が多めとはいえ、男性参加率も決して低くありません。登壇者から参加者全員の顔が見える会場構成で、発言もしやすい雰囲気のなかゼミがスタート。

「中学受験 する・しない」の判断基準は?

保護者からの質問に応えるかたちでディスカッションがはじまりました。トップバッターの方は、小学校6年生の男の子を持つお母さん。

Q1

息子は受験したいというけれど、ダラダラと勉強している状況……。本当にやる気があるのか……。受験をする意味はあるのでしょうか? やめると決めたほうがいいのでしょうか?

受験生を子に持つ親なら同じように考えたことがある方も多い問いではないでしょうか。登壇者からは順にそれぞれの見解が述べられました。

「まず、意味がないということはないです。受験勉強はその後の学習の役に立つので、合格を目標にしないならば意味ある体験にはなります。ただ、なぜ受験をしたいと思うのかをしっかり話し合って、その理由を受けたうえで進み方を決めることが必要ではないでしょうか」(矢萩さん)

「その子のポテンシャルが発揮されるタイミングが中学受験期と合わない場合もある。そんなときはやめるという決断もあり! やめることは負けでもなんでもない」(高濱さん)

登壇者それぞれの体験をもとに、さまざまな事例も交えながら、受験をする・しないの判断基準が伝授されました。

「なんで勉強しなくちゃいけないの?」への正しい回答って?

次は、小学4年生の女の子のお母さんからの質問です。

Q2

娘は絶対に受験したいと言います。でも、なんで勉強しなくちゃいけないのか納得してない様子……。『勉強しないと合格して行きたい学校に行けないよ』などツキナミなこたえしかできず、どんなふうに答えてあげればいいのでしょうか?

受験に対する姿勢はもちろん、「勉強しなくてはいけない理由は何か?」という本質的な部分の質問でした。

「『志望校に合格するためにはこれくらい勉強しなくちゃいけないと言われているけど、あなたはどう思う? もっと少なくていいと思うならそれでやってみよう。もしそれで合格できなくても、自分できめたことだから後悔する必要はないし、合格できなくても勉強したことは、そのあと絶対に役に立つよ』という具合に、合格だけにとらわれない視野で、今やっている勉強について合意形成をとることが重要だと思います」(矢萩さん)

「受験するかどうかに関わらず、勉強すること、学ぶことは重要で、生涯続くことです。親自身が『受験が終わったら学びは終わり』というイメージを捨てて、『学ぶことがいかに楽しく、人生に必要であるか』を自らが学び続ける姿勢を通して伝えることからはじめてみてはどうでしょう。そうした親の姿勢に触れることで、お子さんも学ぶ意味を感じられるのではないでしょうか」(高濱さん)

中学受験は人生のひとつの通過点にすぎないこと、その通過点をいかに意味のある体験にするかを親子で模索していくことが大切なのかもしれません。


9月5日(木)のイベントから内容の一部を抜粋してお伝えしました。中学受験は親の関りが欠かせませんが、それゆえ親の悩みもつきません。

今回の参加者も立場や状況によってさまざまな悩みがありました。教育のプロとして多くのこどもたちを見てきた登壇者たちと応答し、またほかの参加者の意見を聞くことで新たな視点を得る機会になったのではないでしょうか。

イベント自体が参加者の声が届きやすい規模感であるのに加え、イベント終了後も各登壇者に直接話しかけることができる雰囲気も印象的でした。

本トークセッションの様子は「高濱正伸オンラインサロン 子育ては高濱に聞け!」にて配信されます。興味のある方は以下より動画でご確認ください(登録が必要です)

https://edupla.jp/onlinesalon/

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい